レイジング野郎

特撮多めの不定期ブログ たま~に関係無いことも

レイジング野郎のブログへようこそ。

f:id:kro12218116h:20170916210125j:image
 こんにちはこんばんはおはようございます。レイジング野郎のブログへようこそ。当ブログは主に特撮作品(平成ライダーを中心に)を取り扱っております。と言う訳で、当ブログをご覧になる際は、以下の3つの事を理解して戴いた上で見て戴くと、よりこのブログを良い感じに見れるかも知れません。ここではその3つについて書きます。それではどうぞ。

▼1つ!ブログ開設の経緯!

 先ずはブログを何故開設したかについて。自分がこのブログでの目的は2つ。1つは「作品放送当時の考察の痕跡を残す事」、もう一つは「様々なライダーファン方と語り合う事」です。

 「考察の痕跡を残す」とはどう言う事か。人はどうしても時が経つに連れ、昔の記憶を失っていく生き物です。なので、その作品が放送されていた当時、自分はどんな感想や考察をしていたのかを「感想記事」と言う形で残しておきたいな、と感じたのがブログ開設のきっかけの1つ。

 もう一つは、このブログのコメント欄を通して、他のライダーファンの方々と語り合いたい、と言うもの。皆様が常々感じている通り、特撮ファンと言う存在は極めて稀です。なので、自分以外のライダーファンの方々が同じ作品を観てどう感じたか、何を思ったかは非常に興味があるし、是非共に話し合いたい。と言う事で、当ブログはどんなコメントも大歓迎です。同意コメントも反論コメントも。どんどん送ってきて下さいね。(因みにコメントは承認性です。)

▼2つ!ブログのスタンス!

 「嘘つけ!」と言われるかも知れませんが、当ブログは「称賛ブログ」です。どんな作品でも絶対に称賛する、と言うやり方で書いていきたいと思っています。理由は、やはり自分は「仮面ライダーファン」なので、「『○○』も『××』も大好き!でも『△△』や『□□』は嫌い!」と言うのは嫌なのです。どんな作品にも必ず「長所」があります。なのにそこに注目してもらえず、只「これは嫌い!」とだけ叫ぶんじゃあ悲しいでしょう?折角「ライダーファン」なのだから全作大好きでいたいのです。そんな観方もアリでしょ?

 あ、でも明らかに「そりゃあ違うだろ!」と思った事には突っ込みます。「作品を称賛する事」「欠陥に目を瞑る事」は同義では無いのです。

▼そして3つ!記事投稿日は不定期!

 自分は日曜日も出勤する仕事に付いているので、基本、放送当日の投稿は出来ません…!休みの時は当日に投稿出来るよう、努力はします。努力「は」な…!

**********

 取り敢えずこんなもんだけ覚えて戴ければ当ブログは安心して見て戴けると思います。このブログに辿り着いた事、即ち貴方はライダーを愛する人。たまに関係無い事も書きますが、その時はその時。ようこそここへ。是非共に語り合いましょう。

↑当ブログが主に扱っているタグです。

 

ではこれにて。

『仮面ライダービルド』6話「怒りのムーンサルト」感想+考察

▼ゾクゾクビルドアップキャンペーン

 今回のテーマは、「ベストマッチ」だ。…もう一度言おう。「ベストマッチ」だ。
f:id:kro12218116h:20171011182504j:image

  仮面ライダービルドと言えば「ビルドアップ」。2つのボトルを組み合わせる事で多彩なフォームチェンジを可能とするビルドには、愛称の良いボトル同士が組み合わせる事で実現する「ベストマッチフォーム」とそうでないボトル同士で変身する「トライアルフォーム」と、二種類の形態が存在する。何気に、ベストマッチのフォーム名(ラビットタンクを除く)は造語になっているのに皆さんはお気付きだろうか?

・ゴリラ+ダイヤモンド=ゴリラダイヤモンドフォーム←🙅 ゴリラモンドフォーム←🙆

・タカ+ガトリング=タカガトリングフォーム←🙅 ホークガトリングフォーム←🙆

・ニンジャ+コミック=ニンジャコミックフォーム←🙅 ニンニンコミックフォーム←🙆

・パンダ+ロケット=パンダロケットフォーム←🙅 ロケットパンダフォーム←🙆
f:id:kro12218116h:20171011182521j:image

 次回も新たなるベストマッチフォームが登場するね。ビルドアップのルールと言うか、組み合わせのポイントは有機物+無機物で組み合わせる事。忍者を「有機物」と言う括りにするのは如何な物かとは思うがね…!(前回でも「海賊(カイゾク)」なるボトルが出てきてたし……)そう、「動物」でも「乗り物」でもなく、「有機物」「無機物」と言う括りはフォームチェンジの可能性に幅を広げる事が出来る(自由度が増す)のだ。

大森 (中略)そもそも僕が最初に関わり始めた『響鬼』や『電王』『キバ』あたりは、そういう作り方(ドラマをベースにした作り方)ができてた時代なので、今関わってるスタッフの中にその時代を知ってる人はそんなにいないから、そういう作り方を目指そうかなということで今回は臨んだつもりです。で、最初にまずデザインから進めないといけないので、今回のライダーのモチーフはなんだという話になり、「今回のモチーフは"仮面ライダー"です」とずっと言い続けて(笑)。

──つまり「ゲーム」とか「医者」みたいなモチーフは、今回はないと。

大森 とにかく「モチーフはないんです」という言い方をした結果、今のような形になりました。具体的にはフルボトルというアイテムを組み合わせて変身するわけですが、要は何かと何かの掛け合わせ……そこは無機物×有機物というざっくりした立て方はあるんですが、そんなにモチーフに限定したつもりはないので、ドラマ的にはどう転がろうがアクションの部分においてちゃんと機能するギミックというか、逆に言うとドラマには余ります影響を及ぼさないようなギミックに留めたつもりです。なので、最初に脚本家さんと話したときも、そこまでギミック的なことは気にせずスタートしたというやり方ですね、今回は。

▲『東映ヒーローMAX volume56 2017 AUTUMN』より、大森敬仁のインタビュー。

f:id:kro12218116h:20171011182537j:image

 只、問題なのは、あまりにも括りが自由過ぎる事で、「ベストマッチ」と言う概念にあまり必然(必要)性を感じない事である。
f:id:kro12218116h:20171011182613j:image

 「鋼のムーンサルト」、「輝きのデストロイヤー」、「天空の暴れん坊」、「忍びのエンターティナー」、視聴者が「何これ!?」となる有り得ない組み合わせをビルドアップ(ベストマッチ)のウリにしているのだが、「ベストマッチだとトライアルフォームとどう違うの?」と言う疑問を持つ視聴者は一定数いると思われる。抑、劇中でもベストマッチについてはこれしか説明されてないしね。

惣一「ボトルには相性があるんだ。例えば、ラビットとタンク。この二本を入れると、相性の良い組み合わせが見つかれば、こうして光る。全組ベストマッチになったらとんでもない事が起こるらしい。けど、これが中々揃わない。」

▲『ビルド』3話「正義のボーダーライン」より。

  「とんでもない事」とは何なのか、と言う話は置いといて、要は何が言いたいかと言うと、ベストマッチはあまり凄いモノに感じないのだ。

▼二本のメモリでベストマッチ!

──『W』の魅力のひとつとして、3×3+αの各種フォームの厳密な使い分けがあったと思います。

三条 Wの場合、色が違うだけで形は同じじゃないですか。ちゃんと戦法とか能力の描き分けをしないと、6つのメモリの特性がよくわからないし、よくわからないイコール子供が欲しくならないということなんです。で、わりと僕はそういうことを描き分けるのが好きなんですよ。そこは漫画原作者出身ですから。だって「週刊少年ジャンプ」のマンガなんてそこ以上におもしろいところなんてないじゃないですか!(笑)もちろん、それ以外の物語にも魅力はあるけど、敵とのバトル編になったら、この技をこう防いだみたいなことを描けてないと生き残れない。塚田さんからの要請もありましたし、『W』のシナリオではそういう部分もかなり細く書きました。(中略)後々になって宮崎(剛)さんから「今だから言えるけど、あそこで普段やらないことにトライしたから、『W』はヒットしたんだね」とおっしゃってもらえたんですよ。"いろいろ考えて作ってそうだなムード"って実際に試行錯誤したかどうかが直結している気がしますね。

▲『「仮面ライダー」超解析 平成ライダー新世紀!』より、三条陸の談。

f:id:kro12218116h:20171011193900j:image

 『W』が大衆受けした理由の1つに「綿密なギミック設定」がある。例えばサイクロンメモリの場合、「メタルメモリと組み合わせると、防御力は増すが、サイクロン側の特徴たるスピードを殺してしまう!」「トリガーメモリと組み合わせると、連射が可能になるが、弾の威力は弱くなる!」と、メモリの組み合わせによって長所と短所が同時に生まれてしまうフォームも存在するが、ジョーカーメモリと組み合わせれば、バランスもとれて、スピードにも特化するぞ!」と言うような相性の良い組み合わせのフォームも存在する。宛ら、サイクロンジョーカーは『ビルド』で言う、ベストマッチフォームのそれである。只、だからと言ってサイクロンメタルやサイクロントリガーに出番が無かったかと言われればそんな事も無く、Wは戦況によって9つのフォームを使い分けるのだ。だからこそ、ハーフチェンジにも必然性が生まれるし、理屈好きの視聴者にも刺さるのだ。

▼三枚のメダルでベストマッチ!

武部 平成ライダーは「いかに去年と違う作品に仕上げるか」というのが基本ではあるのですが、やはり『W』のガイアメモリやフォームチェンジはとても好評だったので、「そこは引き継がなきゃいけないんじゃない?」と考えました。でも、フォームチェンジの違いをうまく見せることって、すごく難しいんですよね。例えばフォームごとに違う武器を使っても、やっぱり戦い方のバリエーションには限界があるので。(中略)たしかにフォームチェンジって、どうしても強さがインフレ化していきますよね。だから制限をつけたりなどの工夫は考えました。そういうことでいえば、変身アイテムであるメダルを管理する、いわば銀行みたいな存在としてアンクが生まれたんです。オーズになる(火野)映司自身が選ぶんじゃなくて、アンクが考えて投げたメダルを使ってフォームチェンジして戦うという、そういう面でも制限を付けたかったんですね。

▲『「仮面ライダー」超解析 平成ライダー新世紀!』より、武部直美のインタビュー。

f:id:kro12218116h:20171011193916j:image

 オーズは三枚のコアメダルの力を駆使して戦う戦士である。メダルには様々な動物の能力が秘められているのだが、昆虫、猫科、鳥類といったような、ある特定の分類の三枚のメダルを組み合わせると、バラバラな組み合わせによって成り立つ「亜種」よりも協力なパワーを持つ「コンボ」が完成する。これも『ビルド』で言う「ベストマッチ」である。しかし、その強大さ故に、使用すると映司自身の体力が大きく失われ、気絶をしてしまう事も屡々。…まあそれは段々死に設定と化していくんだけど…!
f:id:kro12218116h:20171011182641j:image

 つまり、『ビルド』のベストマッチには『W』のハーフチェンジや『OOO』のコンボのような弱点や戦略性が薄い(又は皆無)事で、必要性を感じ辛いのだ。実際、3話のナイトローグ戦でもベストマッチじゃあないハリネズミタンクフォームなんか使い出すし、4話のフライングスマッシュ戦ではこれまたベストマッチではないゴリラ掃除機フォームで普通に善戦したりする(後からゴリラモンドにビルドアップするけど)。加えて、前述の通り、「有機物」と「無機物」と言うジャンルは極めてアバウトである。三条陸が言っていた、「いろいろ考えて作ってそうだなムード」はぶっちゃけあまり感じない。2009年にハーフチェンジをやれば宮崎剛の言う「普段やらないこと」なのかも知れないのだが、2017年にビルドアップをやってももうそれは「普段やらないこと」ではないのである。
f:id:kro12218116h:20171011182714j:image

 これらの事から、ビルドアップ(と、ベストマッチ)に意外性や凄みを全く感じる事が出来ないのはとても痛い点である。

 や、『ビルド』に「変わった要素」なんて抑余り無いんだけどさ。


f:id:kro12218116h:20171011222331j:image

 やっぱさぁ…話は面白いんだけどさぁ…(展開早いけど!)、『ビルド』からはどうしても「作品に対する心意気」が感じられんのよなぁ…!(少なくとも大森Pからは)『エグゼイド』で自分の全てを出したならそれはそれで良いけど、だからって後続を疎かにするなよ…!(スタッフやキャストや視聴者に失礼だぞ!)今後の情報誌で彼の印象が変わらん事を祈って、今回は幕閉じとさせていただきます。

▼余談(スーツについて)
f:id:kro12218116h:20171011221238j:image

 ビルドは、ラビットタンク以外のフォームは共用のベーススーツにそのフォームに対応した胸や腕等のパーツを着込む事でビルドアップを成し得ているらしく。色々言ったものの、『ビルド』は例年よりフォームチェンジ多いからそこは素直に楽しい。まだまだ沢山のベストマッチフォームが出てくるだろうし、多彩な亜種(?)も期待しましょうか。

 

ではこれにて。

『仮面ライダービルド』5話「危ういアイデンティティー」感想+考察

▼意図的な妥協

 詳細については上の記事を参照されたし。何故、この記事を引き合いに出したかと言うと、『ビルド』にはこの「無意識な妥協」「意図的な妥協」の内、後者がとても目立つ(ように見える)から。これまでの『ビルド』突っ込みに関しては以下の記事を参照されたし。

 例えば、4話感想では、鍋島の記憶(何故、都合良くボトルの事だけ覚えてる!?)について書いたのだが、
f:id:kro12218116h:20171001111205j:image

 「スマッシュに改造された人間は人体実験時の記憶を失う」筈だったのが、今回のゲスト(今後も登場する?)、立弥は全部覚えてましたね…!まあ、改造される人間や成分の投与回数によって症状が異なる事は確かに言及はされている(万丈の恋人、香澄は病気を患っていた為、死亡。鍋島は二回の成分投与により、全て(笑)の記憶を失う。etc…)のだが、…何と言うかさ、便利設定だな、これ。そんな立弥は万丈の手により、再スマッシュ化。成分の逆流(放出)も可能だったのね、あのボトル。どうなる、第6話!?

 と言う訳で、今日はこの辺で。短くてすんません…!本日はちょっと予定があるのです…!

 

ではこれにて。

『仮面ライダービルド』4話「証言はゼロになる」感想+考察

▼今更だが

 『ビルド』のサブタイトルのルールは「文中に片仮名を使う」ってのだったんだね。『エグゼイド』の英語よりもイーズィー(easy)になりましたね…!

1話、「ベストマッチな奴ら」

2話、「無実のランナウェイ

3話、「正義のボーダーライン

4話、「証言はゼロになる」

5話、「危ういアイデンティティ

▼無意味パネルの意味
f:id:kro12218116h:20170924213848j:image

 成程、あの御払い箱パネルの正体はパンドラボックスの一部分だったのか。「二重構造」とは割とブッ飛んだ設定だが、序盤なら違和感は薄い。それはそうと、パネルの正体が分かったのは良いが、結局、「ビルドドライバーにベストマッチ探査機を付けた理由」及び「態々パネルでベストマッチを探していた理由」は良く分かりませんでしたね…!「何処でも実験が出来るようにビルドドライバーにも探査機能を付けたんじゃないの?」と突っ込まれそうだが、ビルドがスマッシュの成分を回収し、それをフルボトルに整形するには美空の能力が必要。即ち、戦兎は一旦家(うち)に帰らなければいけないのである。ボトルが出来上がったら直ぐ様「実験実験♪」となっても良い筈なのに、2話でゴリラとダイヤモンドのベストマッチが現場で見つかって「キタ━━━(゚∀゚)━━━!」となってたのはとても不自然である。パネルの機能はもうちょっと別の設定を作っても良かったのでは?と、思わなくはないのであります。

▼さながら『ときめきクライシス』
f:id:kro12218116h:20170925200307j:image

 4話でもう一つ、気になったのは鍋島の記憶。万丈や妻子、自分の名前すらも忘れていながら、よくもまあ都合良くボトルの事だけ覚えてましたね…!リセットで正宗(クロノス)の手に戻らなかった『ときめきクライシス』のガシャットロフィーじゃあないんだから…!
f:id:kro12218116h:20170925200318j:image

 因みに、『エグゼイド』後夜祭にて高橋悠也がガシャットロフィーについて説明していたっけ。曰く、「ガシャットロフィーの譲渡は『仮面ライダークロニクル』外の出来事なので、リセットの影響は受けなかった」と言う。ゲーマドライバーやプロトガシャットの奪取や新黎斗のライフは『仮面ライダークロニクル』内の出来事だったのか…?ゲーム内外の出来事の線引きがよく分からないので、この説明には今一納得いきませんでした。

**********

 そう言えば、『ビルド』の脚本を担当している武藤将吾がこんな事を自身のTwitterで書いていた。

仮面ライダービルド』第4話をご覧いただき、ありがとうございました。

「展開が早い」とよく耳にしますが、それは今に始まったことではなく……。
怪盗 山猫』『家族ゲーム』『ジョーカー〜許されざる捜査官〜』etc……どれも同じようなことを言われ、どれも心配されたなぁ……(笑)。

Twitterより、武藤将吾のツイート。

 こと『仮面ライダー』の場合、「展開の早さ」は最近ではよくツッコまれる事なので、それに関してはあまり気になってはいなかったのだけれど、このツイートの気になる部分は「どれも心配されたなぁ……(笑)」と言う文。ライダーファンはせっかちが多いので大丈夫な気もします(笑)上のツイートだと『家族ゲーム』だけ視聴していたのだけれど(原作は本間祥平)そんなに早いようには見えなかったけどなぁ…?(最も、四年前に観たきりなので、よくは覚えてないが。)それとも「毎話、怒濤の展開!」と言うのが「早い展開」なの?うーん…?良ければ誰か教えてくださいな。
f:id:kro12218116h:20170925213757j:image

 や、でも、『ビルド』って何と言うか、「続きが観たくなる」よね。引きが上手いのかな?4話のそれは「マスター‼オンドゥルルラギッタンディスカー!!(ファウスト視点)」と言うもの。冒頭でいつの間に戦兎の毒が治っていて、しかもどうやって治したかとかそう言う説明が一切無くてびっくりしてたんだけど(まあタブレットを孫の手に変えた時点で只者ではないのは周知の事実ではあったが)、そう言うオチだったのか。

──振り返ってみると『オーズ/OOO』という作品は全体のお話が見えやすかったですよね。
武部 そうですね。伏線や縦糸もあまり入れませんでしたから。そうしたのは今が「継続視聴がない時代」と言われているからなんです。みんな観たいときにパッと観て、毎週毎週必ず観るという習慣がない。だから出来るだけわかりやすいストーリー、親しみやすいキャラクターというのを心掛けたんです。でも、ある程度人気が定着したので、大体30話くらいからちょっとお話を捻るようになりましたけど。

▲『DETAIL OF HEROES 仮面ライダーオーズOOO 特写写真集「OOO(オーズ)」』より、武部直美のインタビュー。

 そんな時代故に『鎧武』や『エグゼイド』は視聴率に苦しめられたが、それでもなお大森Pはそれをやると言うのか…!『エグゼイド』は「一話完結」の側面が強かったが、『ビルド』は何かしらの「引き」を作る事で出来るだけお客さんを逃がさないようにしている、みたいな感じなのかな?続きモノの弱点は「一話見逃したらもう着いていけなくなる」と言うものなのだが、果して成功はするのだろうか…(しなさそうな気もするけど…!)。

 

ではこれにて。

『仮面ライダービルド』3話「正義のボーダーライン」感想+考察

▼一番難しいのは3・4話

田崎 (中略)そこで僕はもう一つ、長石多可男監督にすごく感謝していて。本当は1~4話ってワンセットなんだけど、僕は1・2話までしか出来ないじゃないですか。これは前々から何回も言ってることだけど、1年でシリーズ50本あるうちのどこが難しいかって、3・4話が一番難しいんです。なんでかと言うと、1・2話が完成しないうちに撮り始めなきゃいけないから。つまり1話でどんなキャラクターになってるかを見ないで、言わば目隠しで作らなきゃいけない。でも1・2話とまるっきり違ってしまうと駄目だし。かと言って1・2話のままいけるわけでもなくて、すごく難しい。だけど、長石さんはやっぱりそこがすごく上手かった。そこはさすがというか、3・4話はすごい名作だと思います。

▲『仮面ライダー電王公式読本』より、田崎竜太のインタビュー。

田崎 『鎧武/ガイム』のときで言うと、ヘルヘイムの森の見え方などはこちらで決めていったところですね。なんにせよ、そういった世界観を1から形にしていく作業はすごく楽しいですよ。僕からすれば、むしろ3・4話のほうが大変だなって思うんですけど。

──それ、いつもおっしゃられてますよね。

田崎 僕のウィキペディアの項にも書かれていますからね(笑)。3・4話の何が大変かって、1・2話の完成した映像を見ることができない状態で、その続きを作らなければならないんです。それゆえに非常に職人的なスキルを要求されるわけで、長石(多可男)さんや坂本太郎さんといった「3・4話の名手」として名の挙がる監督はみなさん経験豊富で力のある方ばかりですよね。僕もついに『仮面ライダーアマゾンズ』で3・4話を担当することになったんですけど、どうもどこかで割り切っちゃうというか、「(1・2話と)違ったら違ったでいいや」みたいに思っちゃって(笑)。

▲『「仮面ライダー」超解析 平成ライダー新世紀!』より、田崎竜太のインタビュー。

 と言う訳で、『平成ライダー新世紀!』で取材を担当した大黒秀一に「それ、いつもおっしゃられてますよね。」と言われるくらいには彼が何度も鬼門と評するのが、セカンドパイロット版(3、4話)。曰く、「パイロット版(1・2話)が完成しないうちに撮り始めなければならない為、構成が非常に難しい」のだと言う。平成一期ではキャリアのある監督陣がそれに挑んできた。

クウガ』:渡辺勝也(EPISODE 3「東京」、EPISODE 4「疾走」)

『アギト』:長石多可男(3話「俺の変身!」、4話「パズル解読」)

龍騎』:石田秀範(3話「学校の怪談」、4話「学校の怪談2」)

『555』:長石多可男(3話「王の眠り」、4話「おれの名前」)

『剣』:鈴村展弘(3話「彼らの秘密…」、4話「永遠の命の謎」)

響鬼』:諸田敏(三之巻「落ちる声」、四之巻「駆ける勢地郎」)

『カブト』:田村直己(3話「俺が正義‼」、4話「愛を説く‼」)

『電王』:長石多可男(3話「アウトロー・モモタロー」、4話「鬼は外!僕はマジ」)

『キバ』:石田秀範(3話「英雄・パーフェクトハンター」、4話「夢想・ワイルドブルー」)

『ディケイド』:金田治(4話「第二楽章♪キバの王子」、5話「かみつき王の資格」)※

※『ディケイド』は1話~3話(クウガの世界編)を田崎竜太が担当。

 長石多可男ばっかりやね(笑)(もう一人の「3・4話の名手」こと坂本太郎がいないだと…!)しかし、平成二期ではそんなセカンドパイロット版を比較的若い(又は「平成ライダー」の監督歴が浅い)監督が手掛ける事も多い。最も、長石多可男は2013年にこの世を去り、坂本太郎は『ゴーカイジャー』を最後に監督業を引退したのだが。

『W』:諸田敏(3話「Mに手を出すな/天国への行き方」、4話「Mに手を出すな/ジョーカーで勝負」)

OOO』:柴崎貴行(3話「ネコと進化と食いしん坊」、4話「疑いと写メと救いの手」)

『フォーゼ』:坂本浩一(3話「女・王・選・挙」、4話「変・幻・暗・躍」)※1

『ウィザード』:諸田敏(4話「人形とピアニスト」、5話「決戦のコンクール」)※2

『鎧武』:柴崎貴行(3話「衝撃!ライバルがバナナ変身!?」、4話「誕生!3人目のぶどうライダー!」)

『ドライブ』:柴崎貴行(3話「だれが彼女の笑顔を奪ったのか」、4話「誇り高き追跡者はなにを思うのか」)

『ゴースト』:山口恭平(3話「必中!正義の弓矢!」、4話「驚愕!空の城!」)

『エグゼイド』:坂本浩一(3話「BANしたあいつがやってくる!」、4話「オペレーションの名はDash!」)※3

※1…『フォーゼ』は坂本浩一が1話~4話までを担当。

※2…『ウィザード』は1話~3話までを中澤祥次郎が担当。

※3…『エグゼイド』の坂本浩一担当回は3・4話のみ。

 柴崎貴行ばっかりやね(笑)(因みに、柴崎監督の初ライダー作品は『剣』の超バトルビデオ。何気に『剣』から『ディケイド』まで、6年連続でてれびくん超バトルビデオ(DVD)を撮っているのだ。)(テレビ本編の初担当は『カブト』の43・44話。)
f:id:kro12218116h:20170917190502j:image

 そして『ビルド』3話。担当するのは何と、上堀内佳寿也!『ゴースト』の山口恭平のセカンドパイロット版担当も驚いたが、彼の初ライダー作品は『W』超バトルDVD(何気に『W』から『鎧武』まで、5年連続で超バトルDVDを撮っているのだ。)である。カミホリさんの初担当は『ゴースト』の先行PVなので、平成ライダー監督史上最速でセカンドパイロット版を担当した事になる。

 

 ──今回は、田崎さん曰く「一番難しい」第3・4話が上堀内(佳寿也)監督なんですね。『エグゼイド』でローテーション入りされたばかりですから、この布陣は抜擢といえば抜擢な気もするんですが。

大森 そこはもう「できるでしょ!」と。『エグゼイド』をでやってみて、芝居というか感情線を大事に撮る印象が強かったので、そこは『ビルド』向きな気がしたんです。説明が多くなりがちな3・4話ですけど、そこで感情が跳ねないとどうしようもないので。

▲『東映ヒーローMAX 2017 AUTUMN』より、大森敬仁のインタビュー。

 そんなカミホリさんは今回の『ビルド』3話をどう撮ったのか!?
f:id:kro12218116h:20170917190550j:image

 なんてーか、派手さが増したねw(まあ田崎監督が地味なんだけど…!)『エグゼイド』40話感想で、カミホリさんは「演出がオーバー」「ハッタリを効かせてる」と書いたけど、『ビルド』でもそれは健在だったね。
f:id:kro12218116h:20170917190756j:image

↑このシーンとか「カミホリさんっぽいなぁ~!」とか思ってしまったw

f:id:kro12218116h:20170917191057j:image

↑何故か思い出したシーン。実は結構好き。

 まだ序盤と言う事で、沢山のフォームが出てきてない故に、その辺りの見せ方はまだ限られてるけど、今回のゴリラ掃除機フォームのように、「ビルドアップ」と言うアイデアはこれからもどんどん使っていってほしいね(どうやってスーツ着替えてるんだ…?)『エグゼイド』はフォームチェンジが「レベルアップ」だったので、セカンドパイロット版は折角坂本(浩一の方ね)監督が撮ってたのにフォームチェンジラッシュが観れなくて若干残念だったのですよ。自分。まあ要するに、「多彩なフォームチェンジは大好き!」と言う事です(笑)次回も頑張れ。カミホリさん。

 ▼それは必要なのか

 今回も本編内で気になったところが。それは…

万丈「なあ、前から気になってたんだけど、それなんだよ?」

惣一「そいつはな、ベストマッチだ。もう一度言おう。ベストマッチだ。」

万丈「いや、何回言われても分かんねぇし。」

惣一「ボトルには相性があるんだ。例えば、ラビットとタンク。この二本を入れると、相性の良い組み合わせが見つかれば、こうして光る。全組ベストマッチになったらとんでもない事が起こるらしい。けど、これが中々揃わない。」

戦兎「だから、こいつ(ビルドドライバー)が必要なんだよ。これは元々ビルドの変身機能しか無かったのを、俺がベストマッチを探せる検査機にもなるよう改良したんだ。どうよ、俺の発明品。」

▲『ビルド』3話「正義のボーダーライン」より。

f:id:kro12218116h:20170917193730j:image

 ならもうそのパネルは必要無いのでは…?

 何で態々、そのパネルを使って実験してたんだ…?ビルドドライバーがあるならそれを使えば良いのに。て言うか「(パネルでベストマッチを探せるが)これが中々揃わない。」→「だから、(ベストマッチ検査機能が付いてる)こいつが必要なんだよ。」って明らかに流れ可笑しくないですかぁ~!?もうそのパネルは御払い箱で良いですやん…!何?それだとパネルが可哀想だから?いやいやいやいや…!…と、ここまで書いてきたが、皆さんお気づきだろうか?ビルドドライバーがある今、パネルは必要無い。これはつまり、

 その設定、必要無いのでは…?

となってしまうのである。ベストマッチの説明をしたかったのなら「このビルドドライバーがあれば、ベストマッチを見つけ出す事が出来るのさ!」で済むんよな…!今後、話に絡んでくるような設定にも見えないし…何だったんだろう?これ。

武藤将吾の「正義」


f:id:kro12218116h:20170917200300j:image

 成程、武藤将吾の思う「正義」とは「人を助ける事に見返りを求めない」と言うものなんだな。これについて誰がどう思うのかは知らない。「これぞヒーローの鑑!泣けるわぁ…!」と感動するか、「正義って言葉を軽く使うんじゃねぇ!」と憤怒する者もいるかもしれない。取り敢えず自分が思う事は「ブレずに突っ走って欲しい」と言う事なので、作中ではある程度完成されてる人間(に見える)な戦兎なのでそこは大丈夫そうな気もするけど。

 

ではこれにて。

『仮面ライダービルド』2話「無実のランナウェイ」感想+考察

※以下は、アガサ・クリスティの推理小節『アクロイド殺し』の深刻なネタバレが書かれてるので、「いやだあああああ!!!知りたくない!!!!」と言う人はこのページを閉じてください。…まあ大分有名だけど…!

▼俺は誰も殺してねぇ?

 ミステリー小節の叙述トリックの1つに「実は語り手(又は主人公)が犯人でしたぁ!」と言うのがある。有名なのがアガサ・クリスティ(『オリエント急行殺人事件』『ABC殺人事件』等)の推理小節アクロイド殺し(1926)』。語り手は医師、ジェームズ・シェパードだ。

f:id:kro12218116h:20170910201058j:image

↑これはシェパードン。アクロイド殺し』のあらすじは「アクロイドが殺された!」→「犯人を探せ!」と、至ってシンプル。名探偵、エルキュール・ポワロは、語り手のシェパード医師と捜査行動を共にする。様々な容疑者が登場するのだが、捜査の末、ポワロは遂に真犯人に辿り着く。ポワロが「アクロイドと言う男を殺したのは貴様か!!」と指を指したその人物はなんと、語り手であるシェパード医師本人だったのだ。「語り手が真犯人」と言うタブーな種明かしに対し、読者達はフェア派とアンフェア派の二つに分かれ、争ったと言う。
f:id:kro12218116h:20170914154922j:image

 なんでこんな話をしたかと言うと、パンドラボックスを起動させたのは主人公たる戦兎ではないか?」と言う予想が多かったから。『アクロイド殺し』のシェパード医師は記憶喪失では無かったが、「ほんとは主人公が犯人だけど、その主人公の記憶はありませんでしたぁ!」なんて展開も今となってはありがちよね。『デスノート』で主人公がノートの所有権を棄てる事でノートを関する記憶を失い、再度ノートに触れるとその記憶が甦って「計画通り(ニタァ)」てなるような感じですよ(?)戦兎はスマッシュの人体実験の「モルモットだァッ!」だった事で過去の記憶が無い(「二十何年間の記憶」って事は戦兎は生い立ちからの記憶が無い?今までスマッシュにされてきた人間達もそうなのかな?もしかして万丈が「全てを話せ」と言われて生い立ちから話始める事が出来たのは何かの伏線?)まぁ、上記の通り、「実は主人公が犯人」と言うのは割とベタな流れだが、果たしてどうなるか?
f:id:kro12218116h:20170914155512j:image

 「人体実験を施されると当人の記憶は失われる」と言う設定から「実は万丈も記憶が無いだけでほんとは殺人を犯してる?」なんて予想もしたのだが、二話でその説は没に。本当に仕組まれた事案だったのね。二話にして早くも万丈の恋人、香澄の存在が判明したと思ったら即座に死亡とは…!「セカイデイチバンノカクトウカニナッテ…セカイデイチバンノカクトウカニナッテ…」(デジャビュ)次回からは一話にも登場したスキンヘッドの監守、ナベシマと言う男がキーパーソンになりそうね。

▼二話の感想

 「全部のテンポが速い!」と言うのが二話の第一印象且つ悪印象。や、幾らなんでも要所要所を端折り過ぎじゃあないか…?井上ワープじゃあないんだからw だって…
f:id:kro12218116h:20170914155532j:image

戦兎「ゴリラモンドでガーディアン撃破!やったぜ!」
f:id:kro12218116h:20170914155544j:image

戦兎「で、さっき言ってた女って何なん?」

だもんなぁ…!展開が速いのは良いが、二話は幾らなんでも詰め込み過ぎでは無かっただろうか…?『ゴースト』や『エグゼイド』でも突っ込んだ「描写不足」を、果たして『ビルド』は克服出来るのか…!それと、『ビルド』が始まる前からずっと言ってるけど、良い加減、東映は各作品の本編の円盤に「未放映カット集」もしくは「ディレクターズカット版」を収録してください。

 あと、描写不足と言えば、今回、結構不可解なシーンが多かった気がする。例えば、
f:id:kro12218116h:20170914155631j:image

このシーン。美空の能力はスマッシュから採取した成分が入ったボトルを浄化してビルドのパワーアップアイテムに変化させる、と言ったものの筈だけど、万丈に煽られてレンジ(?)に入れたボトルは(恐らく)只のブランクボトルだったんよな(「エンプティボトル」って言うのね)。只、向になって適当に取り出したボトルでやったとか?んん~…?
f:id:kro12218116h:20170914200744j:image

 あと、戦兎がナイトローグに立ち向かう時、なんでベストマッチじゃないハリネズミタンクフォームで挑んだんだろう?確実に倒したいんだったら先ほど判明したパワーバカのゴリラモンドを使っても良かった訳で。ナイトローグにも「闇雲に選んだボトルで私に勝てると思うな。」なんて言われてたし。情報を聞き出したかったから敢えてベストマッチじゃない組み合わせで戦ったとか?んん~…?

 ん~…なんか二話にして一気に不安要素が増した気がする…!ノリで押し切るのも良いけど、矛盾やハテナが少ないのは間違いなく作品の長所に成り得るので、なるだけそこはしっかりして戴きたいところであります。

▼製作発表から何となくそんな気はしてたけど、
f:id:kro12218116h:20170914144933j:image

 この人、全く話に絡んできませんねぇ…!

 (「東都政府首相補佐官兼東都先端物質学研究所所長」って、漢字多スギィ!!)

 

ではこれにて。

『仮面ライダービルド』1話「ベストマッチな奴ら」感想+考察

f:id:kro12218116h:20170902232143j:image

▼まんま

――仮面ライダーファンの新シリーズに対する受け入れ方も、秋前の発表でちょっと戸惑って、放送がスタートすると受け入れられる――という流れかもしれません。

白倉:僕としては、なぜ放送が始まると簡単に受け入れられているのかがわからないです(笑)。わかりやすいっていうのは、あんまりよろしくないと思ってるんですよ。仮面ライダードライブ』『仮面ライダーゴースト』と続きましたけど、まんますぎるじゃないですか。だから2016年秋からの新シリーズは、名前からは絶対にビジュアルが想像できないようになっています。この先のシリーズでも、「なにそれ!?」というライダーが出てきて、だんだんそれがかっこよく見えるような瞬間が続けばいいですね。

▲animate Times『『仮面ライダーアマゾンズ』シーズン2はどうなる? 東映白倉伸一郎プロデューサーに聞く、これまでとこれからの「仮面ライダー」』より、白倉伸一郎のインタビュー。

f:id:kro12218116h:20170903092200j:image

 『クウガ』、『アギト』、『龍騎』、『555』、『剣』、『響鬼』、『電王』、『キバ』、『ディケイド』、うん、確かに平成一期のライダー達は名前を見ただけでは今一ライダーのデザインやストーリーは想像しづらい。『カブト』は直球過ぎるけどw 対して、平成二期ライダーズは結構名前が「まんますぎる」事が多い。『OOO』と『フォーゼ』くらいかな?あまり想像が付かなそうなの。『OOO』はメダル(O)が三枚で「オーズ」、『フォーゼ』は「40(周年)」から「4(「フォー」)」+「0(「ゼ」ロ)」なので割かし簡単な由来ではあるんだけどね。まあそんなこと言ったら白倉作品たる『電王』や『ディケイド』も安直なんだけど…(笑)

『W』→2つ?今回のシリーズは二人で変身するライダー?

『ウィザード』→魔法使い?今回のシリーズは魔法使いライダー?

『鎧武』→鎧武者?今回のシリーズは鎧武者ライダー?

『ドライブ』→ドライブ?今回のシリーズは車に乗るライダー?

『ゴースト』→幽霊?今回のシリーズは幽霊ライダー?

f:id:kro12218116h:20170902232328j:image

 そう考えると、『エグゼイド』は割りと捻ったネーミング(「究極の救済」を意味するEX(エクストリーム)-EID(エイド)の略)であるので、あまり内容を予想出来ない。「医者」と「ゲーマー」の組合せなら尚更だ。しかし、それの後続である『ビルド』はと言うと…

黎斗神「誰だお前は!」

ビルド「仮面ライダービルド。「作る」、「形成する」って意味のビルドだ。以後、お見知り置きを。シーユー。」

▲『エグゼイド』44話「最後のsmile」より

f:id:kro12218116h:20170903084015j:image

 まんまですね…!

 なんでこんな話をしたのかと言うと、『ビルド』はあまりこれまでの平成ライダー(特に二期)よりも「なにそれ!?」と感じれないから。要するに「普通」感がとても大きい。しかし、それ故にこれまで「冒険」を続けてきた平成ライダーに於いては「久しぶり」な事も多い。

▼1.パイロット監督は田崎竜太
f:id:kro12218116h:20170903094823j:image

 実は『ドライブ』以来、2年ぶりである(『ゴースト』は諸田敏、『エグゼイド』では中澤祥次郎がパイロット監督)。まあ田崎監督は最近は『アマゾンズ』を撮ってたんだけど。なんと言うか、田崎監督、「無難」な人選よね。パイロット監督としてのキャリアも十分ある安心感のある監督よね。

田崎 とにかく、『フォーゼ』以降も各作品でなんとか1エピソードは撮らせていただけるようにお願いしてはいるんです。『カブト』のときもそうでしたが、他の人が作った庭で遊ばせてもらうような感覚も、それはそれで撮っていて楽しいですから。まだ未定ではありますが、新作の『エグゼイド』でも機械があればぜひ撮らせていただきたく思っております。

▲『「仮面ライダー」超解析 平成ライダー新世紀!』より、田崎竜太のインタビュー。

 結局、田崎監督は『エグゼイド』を撮ることは出来なかった。大森Pの以降なのか、氏が『アマゾンズ』や『科捜研の女』で忙しかったからなのかどうかは知らないが、仮に大森Pが敢えて田崎監督をメンバーに加えなかったのだとしたら、それもまた一種の彼の「挑戦」だったのかも知れないしそうじゃないのかも知れない(どっちだ)

▼主題歌は女性ボーカル

 実は『フォーゼ』の土屋アンナ(『switch on!』)以来、6年ぶりである。『ビルド』のop、『Be The One』を歌うのは「PANDORA feat. Beverly」と言うグループ。「珍しく有名所のアーティストが担当してないな…」と思ったら「PANDORA」と言うユニットはaccess浅倉大介TM network小室哲哉(TK)のコンビなのか。まさか二年連続「仮面ライダー」でaccessが関わるとは…!ボーカルの「Beverly(ビバリー)」も最近頑張っている歌手なんだとか。取り敢えず、『Mステ』に出演して歌ってくれれば何も文句は言いません(笑)

▼○○"フォーム"
f:id:kro12218116h:20170903084309j:image

 実は『ディケイド』(コンプリート"フォーム")以来、9年ぶりである。『OOO』以降、「フォーム」と言う言葉が使われなくなっていたのだが(コンボ、ステイツ、スタイル、アームズ、タイプ、魂、ゲーマーetc…)ここに来てまさかの復活。只、フォーム名長いね…!(ラビットタンクフォーム、ハリネズミタンクフォーム、ゴリラモンドフォームetc…)

▼ファーストインプレッション
f:id:kro12218116h:20170903084447j:image

 ビルドは「ダサい」と言う評価をあまり耳にしない…!「エグゼイドが異色過ぎた」と言う人もいるが、それにしてもビルドは「格好良い」と大衆からの評判が高いね。普段ライダー作品を観ない一般人でさえ評価してるくらいだからな…!(レイジング野郎の体験談)

▼最初から仮面ライダーなのさ

f:id:kro12218116h:20170903084658j:image

 実は『ウィザード』以来、5年ぶりである。成程、今回は1話で変身能力を手に入れるのではなく、最初から変身能力を手にしている状態からのスタートなのか。皆さんはどっちが好みですか?

 と、ここまで書いてきたが、要は何を言いたいかと言うと、『ビルド』にはこれと言った「異端さ」が無い、と言う事。上記の事柄は「久しぶり」ではあっても「初めて」ではない。決して悪い事ではないが、心配なのは大森Pの『ビルド』に対するモチベーションである。

▼「ゲーム」が無くなった今
f:id:kro12218116h:20170903085204j:image

 大森敬仁はずっと「ゲーム」をモチーフにしたライダー作品を夢見ていたらしく、しかしそれが『エグゼイド』で果たされてしまった今、彼に「やりたいこと」と言うのは無くなってしまったと言う事になる。氏の「引き出しの少なさ」は自身のTwitterで呟いていたが、これは憶測だが、『エグゼイド』を世に出し、その後『ビルド』と言う企画を担当する事が決まった彼には「視聴者に観て貰う(=売り上げを上げる)」と言う考え(目標)しか残っていないように思われる。

 大森P(というより大森P作品)は、何かと「人を惹き付ける(又は盛り上げる)」のが上手い。『ビルド』でも、「フォーム」と言うワードや田崎竜太パイロット担当は、古参のファンを刺激し、そんな中に新しくライダーに関わる武藤将吾と言う脚本家の参戦は、「新しさ」を求めるファンも惹き付け(因みに、『エグゼイド』での「通り魔事件」は、高橋悠也曰く、「僕あれ書いてないですから!自分以外のライダーの印象下げたくてやったんじゃないですから!」との事)更には特撮ファンなら馴染みの深い赤楚衛二(万丈龍我役)や滝裕可里(滝川紗羽役)の出演はファンとしては見逃せない部分の一つともなっている(チヒルルォ!!ニゲルルォ!!)ビルドのデザインも誰もが受け入れられる「格好良い」やつなので、これは普段観ない一般人のお客さんも狙えそう。只、これ等の事で視聴者を増やす事は出来ても、そこからの一年の中で、作品が破綻してはいけないので、大森Pには頑張って欲しいところ。でも…

大森 来週から新ライダーが始まりますが、『エグゼイド』で「やりきったー!」と思ったところに『ビルド』が来ちゃったんであれなんですけれども…そっちの方もよろしくお願いします。

▲『仮面ライダーエグゼイド 最終回・後夜祭』より、大森敬仁の談(原文ママ)

 大丈夫なのかこれ…!

▼と言う訳で1話の感想
f:id:kro12218116h:20170903092600j:image

 「会話のテンポが良い!」と言うのが第一印象且つ好印象。結構難しめの会話が目立つが、それを飽きさせない作りなのは良いね。今後もそれを維持して戴きたい。戦兎くんの言葉の達者っぷりはあまり記憶喪失感を感じさせないね…!ライダー初参加の武藤将吾はライダーオタクみたいね。

きっかけは、息子でした。偶然一緒に観たニチアサに衝撃を受けると同時に、これまで「平成ライダー」に触れてこなかった己を猛烈に悔やみました。
それからというもの、クールかつハードな第一期に酔いしれ、娯楽性を追求した第二期に興奮し、気づけば「平成ライダー」を熱く語るオッサンになっていました。
第19作。「仮面ライダー」の歴史の重みを真摯に受け止め、最大級の敬意を表すとともに、これまで培ってきたノウハウを活かして、子供も大人も燃える作品を志していきます。
一年間、どうぞ宜しくお願いします。

マイナビニュース「仮面ライダー最新作は『仮面ライダービルド』! 天才物理学者が2つのボトルで変身 - 基本フォームと専用マシンを大公開」より、武藤将吾のコメント。

 以下は、最近だと『アマゾンズ』を執筆した小林靖子(と、小林雄次)の(対)談。

雄次 靖子さんは「特撮に詳しくないから」という理由で下山健人さんや毛利亘宏さんを東映に紹介されたんですよね。それ、大事だなって思いました。「特撮、大好きです」って言う人が脚本を書きたがることも多いけど、それはただのマニアである場合が多くて。

靖子 そういう人って、えてして設定ばかりにこだわりすぎますよね。東映にもよくライター志望者が書いたものが送られてくるらしいんですけど、送られてくるのはシナリオじゃなくて設定が多いんですって。個人的には、内容が設定よりも面白ければいいと思いますが。(中略)やっぱり基本は小さい子が見るものじゃないですか、特撮って。あとは、あんまり設定に凝りすぎると「そこ説明してもつまんないでしょ」って思います。確かにライダーは戦隊との棲み分け上、少しドラマが複雑だし、主人公たちも大人っぽいですけど、それでも「この設定は大人が突っ込みそうだから」みたいな意識では書いていないです。むしろライダーもどんどん魔法チックになってきているので、戦隊との差は少なくなってきてるかも。

▲『ヒーロー、ヒロインはこうして生まれる アニメ・特撮脚本術』より、小林靖子小林雄次の対談。

  自分には小学校低学年の弟がいる。自分がリアタイで「仮面ライダー」を観る時は、早起きが得意なその弟と一緒に観るのだが、『ビルド』1話が終った後、「この話の意味分かった?」と試しに聞いたら「分かんない」と答えられちゃいました(笑)そう言う意味も込めて、常に「面白く」会話が進んでいく作り方を徹底して欲しい、と言うのが自分の願望。小林靖子の『電王』みたいにね(あれはちょっと違うけど…!)。

f:id:kro12218116h:20170903095535j:image

 何はともあれ、これから一年間、頑張れ!仮面ライダービルド!

 (唐突にまとめに入ったな…!)

 

ではこれにて。