レイジング野郎

特撮多めの不定期ブログ たま~に関係無いことも

レイジング野郎のブログへようこそ。

f:id:kro12218116h:20170916210125j:image
 こんにちはこんばんはおはようございます。レイジング野郎のブログへようこそ。当ブログは主に特撮作品(平成ライダーを中心に)を取り扱っております。と言う訳で、当ブログをご覧になる際は、以下の3つの事を理解して戴いた上で見て戴くと、よりこのブログを良い感じに見れるかも知れません。ここではその3つについて書きます。それではどうぞ。

▼1つ!ブログ開設の経緯!

 先ずはブログを何故開設したかについて。自分がこのブログでの目的は2つ。1つは「作品放送当時の考察の痕跡を残す事」、もう一つは「様々なライダーファン方と語り合う事」です。

 「考察の痕跡を残す」とはどう言う事か。人はどうしても時が経つに連れ、昔の記憶を失っていく生き物です。なので、その作品が放送されていた当時、自分はどんな感想や考察をしていたのかを「感想記事」と言う形で残しておきたいな、と感じたのがブログ開設のきっかけの1つ。

 もう一つは、このブログのコメント欄を通して、他のライダーファンの方々と語り合いたい、と言うもの。皆様が常々感じている通り、特撮ファンと言う存在は極めて稀です。なので、自分以外のライダーファンの方々が同じ作品を観てどう感じたか、何を思ったかは非常に興味があるし、是非共に話し合いたい。と言う事で、当ブログはどんなコメントも大歓迎です。同意コメントも反論コメントも。どんどん送ってきて下さいね。(因みにコメントは承認性です。)

▼2つ!ブログのスタンス!

 「嘘つけ!」と言われるかも知れませんが、当ブログは「称賛ブログ」です。どんな作品でも絶対に称賛する、と言うやり方で書いていきたいと思っています。理由は、やはり自分は「仮面ライダーファン」なので、「『○○』も『××』も大好き!でも『△△』や『□□』は嫌い!」と言うのは嫌なのです。どんな作品にも必ず「長所」があります。なのにそこに注目してもらえず、只「これは嫌い!」とだけ叫ぶんじゃあ悲しいでしょう?折角「ライダーファン」なのだから全作大好きでいたいのです。そんな観方もアリでしょ?

 あ、でも明らかに「そりゃあ違うだろ!」と思った事には突っ込みます。「作品を称賛する事」「欠陥に目を瞑る事」は同義では無いのです。

▼そして3つ!記事投稿日は不定期!

 自分は日曜日も出勤する仕事に付いているので、基本、放送当日の投稿は出来ません…!休みの時は当日に投稿出来るよう、努力はします。努力「は」な…!

**********

 取り敢えずこんなもんだけ覚えて戴ければ当ブログは安心して見て戴けると思います。このブログに辿り着いた事、即ち貴方はライダーを愛する人。たまに関係無い事も書きますが、その時はその時。ようこそここへ。是非共に語り合いましょう。

↑当ブログが主に扱っているタグです。

 

ではこれにて。

佐藤健と言う「奇跡」が導いた『電王』の「軌跡」

▼『電王』が輩出した一人の「天才」

 以下は、『仮面ライダー電王』のチーフP、白倉伸一郎の談。

──1年間、取材も含めて佐藤くんを見てきて思うのは、職業=俳優というより、存在自体が"俳優"という名前の生き物なんじゃないかと。

白倉 生き物ですよ。でも、彼の一番すごいところは、そこにあぐらを掻いていないこと。「こうやればいいんでしょ」という自分の引き出しの中だけでやることはできるんだけど、彼はそうしようとはしてませんから。現場ごとに監督が違えば、それぞれ別のことを言われることもあるけど、彼は彼なりにそれに応えようとするし、自分の考えるところを全うしようとする。そういうせめぎ合いをいつもやってるんですよ。

▲『仮面ライダー電王公式読本』より、白倉伸一郎のインタビュー。

 続いて、『電王』のパイロット(1、2話)を勤めた監督、田崎竜太の談。

──一方、「イマジンの憑依」というギミックゆえに、主人公に求められる演技スキルのハードルが、例年に比べてかなり高いですよね。

田崎 そうですよね。主人公は確かにハードルが高い。だから、佐藤健がいたことが奇跡ですよ。佐藤健は本当にすごいと思います。彼がいなかったらここまで多重人格的なことが出来たかどうか。まあ、彼を見つける前に企画の形は決まってましたけど。でも彼がいなかったらああいうことは成功しなかったし、どこかで軌道修正が入ったかもしれない。最初のまま突っ走れたのは彼がいたからですね。

▲『仮面ライダー電王公式読本』より、田崎竜太のインタビュー。

 続いて、『電王』のメインライターを担当した脚本家、小林靖子の談。

──そこで、モモタロスを筆頭とする憑依イマジンが生まれてくるわけですが、基本的にライダーの強さはイマジンの強さで、本体であるところの主人公はメチャメチャ弱い。そこも従来にはない『電王』の特徴でした。

小林 それは、モモタロスの強さを際立たせるためにも良太郎は弱いキャラにしよう、ということになったんです。それと、若い俳優さんにさまざまなキャラクターを演じてもらうわけだから、イマジンたちの性格も極端なものにしようと。

──そのときは当然まだ、良太郎役が佐藤健くんになると決まってなかったわけですよね。

小林 ですね。だから、そこは一抹の不安材料ではあったんですけど、佐藤くんの良太郎を見てからは、あそこまで極端なキャラを演じ分けられることがわかったので、いろいろやっても大丈夫だなと思いました。台詞にしても、演じるのが彼じゃなかったら、もっとわかりやすく、さらに極端なものにしなきゃいけなかったかもしれない。

▲『仮面ライダーディケイド平成ライダー10周年記念公式読本』より、小林靖子のインタビュー。

 続いて、ウラタロスを演じた声優、遊佐浩二リュウタロス演じた声優、鈴村健一の談。

──良太郎役を演じた佐藤健さんの印象はいかがでしたか。

遊佐 当時17歳ですよね。デビューしてそんなに間がない時期だったはず。それぞれのイマジンが憑依すると、メイクから衣装から全部変えなきゃいけないでしょう。その間にモチベーションというか、集中力を保つだけでもたいへんなのに、ひとりで4役、場合によってはそれ以上の役もこなしたわけですから……。

鈴村 良太郎がワンカットでいろんなイマジンに憑依されるシーンを後ろから見学していたんですが、健くんの芝居があまりにもすごいので、感想を監督に伝えたんです。そうしたら監督が「本当にすごいんだよ。マジ天才だと思う」って……。こんなに難しい役どころをシナリオの小林(靖子)さんがよく書いたなと思うし、よく演じられる人と巡り合えたなって感心しました。

▲『俺たちの仮面ライダーシリーズ 電王10TH ANNIVERSARY』より、遊佐浩二鈴村健一の対談。

f:id:kro12218116h:20171114211547j:image

 俳優、佐藤健は「天才」である。

 『電王』を作ってきた者達(プロデューサー、監督、脚本家、人気声優)に口を揃えて「天才」と言わしめる男、佐藤健。彼が各人にそう呼ばれる理由は単純に「演技が上手いから」だけではない。じゃあ佐藤健のどんなところが天才なのか、今回はそれを書いていこうと思います。

▼核心を捉える「眼」

田崎 (中略)その中でも僕が佐藤くんに感心したのは、2話の変身。1話の変身って突発的に変身しちゃうけど、2話の変身って一応自分で変身って言うんですよね。で、わりと上擦った声で弱々しく喋る良太郎が、変身のとこだけやや佐藤健の地に近い声なんです。 それがたぶん正解なんだろうなって僕も思うんだけど、よく2話の中でそれを掴んでたなって。別にこちらからそういうふうに注文したわけじゃないにも関わらず、彼は99パーセント弱いかもしれない良太郎の残り1パーセントの強さがそこに出るということを的確に捉えてやってたんですね。それを2話で出来たのは彼のすごさだと思います。

▲『仮面ライダー電王公式読本』より、田崎竜太のインタビュー。

f:id:kro12218116h:20171114213421j:image

 仮面ライダー電王に変身する本作の主人公、野上良太郎はこれまで(『ビルド』放送当時現在)のライダー主人公の中でもダントツに「弱い」。だが、良太郎の1パーセントの「強さ」は良太郎自身の「心(しん)」にあり、それは本編を観ればよく分かる。その「キャラの本質」とも言える部分を佐藤健はたったの2話で捉えて魅せたのだ。このあと、良太郎の「強い部分」って言うのは本編内でも幾度となく描かれるのだが、2話なんてまだ何も始まっていないような時期に、彼は野上良太郎「核」を掴み取り、演じた。上の画像はその2話の変身シーンなんだけど、何と言うか…「覚悟の顔」をしてるよね(なんじゃそりゃ)。

▼万業を熟す「體」

宮崎 撮影当日、足をひっかけて後ろに転ぶというシーンがあったんですが、やってもらった瞬間、「あ!これは運動神経がいいな」というのがすぐわかるくらい身のこなしがよかったんです。芝居でやってるのに、本当にコケたように転がってましたから。

▲『仮面ライダー電王公式読本』より、宮崎剛のインタビュー。

f:id:kro12218116h:20171114230006j:image

 リュウタロスが憑依した状態の良太郎(R良太郎)はダンスが得意な設定なのだが、台本を見た佐藤健ブレイクダンスなら踊れますよ」とさらっと言い放ち、スタッフ陣を「!?」と驚かせた、と言うのはライダーファン内では有名な話。『るろうに剣心(2012)』等でその見事な振舞は世間一般からも認知されているが、どうやら佐藤健ブレイクダンスは元々は中3の頃に興味本意で始めたものらしく(夢中になりすぎて、授業中は寝てばかりだったとかw)。何処で何が役に立つか、分からないもんだね。

▼芝居を愉しむ「情」

──あと、佐藤健さんが主役に決定する経緯もお聞きしておきたいのですが。

白倉 武部(直美/プロデューサー)と最初に言ってたのは、「この役は新人には絶対に無理!」ということでした。なので当初はいわゆる「一本釣り」という形で直接オファーをかける動きもあったんですが、あまり期待を持てないと思っていたオーディションで佐藤健くんとの出会いがありまして、今でもそのときのことは忘れられないですね。オーディションというのは言わば"試験"ですから、ほとんどの人はそれをこなそうとし、こちらも試験官のように採点するのが普通なんですが、彼だけは全然違っていた。テスト用のシナリオを楽しそうに演じていて、こちらも採点とかではなく、ずっと見ていたいって気分になったんです。よく「数千人から選ばれたラッキーボーイ」なんて言い方がありますけど、ラッキーなのは彼じゃなくて、佐藤健くんに出会えた我々のほうですよ。だって彼は何がどうあっても、いずれは世に名が出ることになるであろう魅力があったわけですからね。

▲『俺たちの仮面ライダーシリーズ 電王10TH ANNIVERSARY』より、白倉伸一郎のインタビュー。

f:id:kro12218116h:20171114234256j:image
f:id:kro12218116h:20171114234315j:image
f:id:kro12218116h:20171114234318j:image
f:id:kro12218116h:20171114234324j:image

 佐藤健はキャラクターを演じる事を悦とする人間らしく、それが『電王』の主役を勝ち取った決め手である。彼は「演じる」と言う事柄にとても真剣よね。

 「仮面ライダー電王」出演後は、ドレッドヘアを披露した「ROOKIES」や、岡田以蔵を演じたNHK大河ドラマ龍馬伝」などに出演。俳優の中には自身のイメージを保ちたいタイプもいるが、佐藤は「イメージをどんどん変えていきたいタイプ」だといい、「無理にでも髪型は変えようと頑張ってやりました。むしろ180度変えて、目の前のイメージをどんどんぶち壊していこうという感じ。何色にでもすぐになれる状態が理想です」と自身を分析した。

佐藤健、「仮面ライダー」から6年半…俳優人生を振り返る - シネマトゥデイより。

**********

▼曇りの無い「愛」

 ここまで、「眼(め)」、「體(からだ)」、「情(こころ)」と書いてきたが、でもやっぱり、佐藤健の一番凄い、且つ魅力的な所は、「作品に対する愛」なのかなぁ、なんて思ったりもする訳ですよ。

そして最後にもう1つのサプライズが。中村は「僕の大切な大切な相方に電話したいなと思います」と言って壇上で電話をかけ始める。電話越しに「もしもーし、お名前をお願いします」と尋ねると、その相手から「佐藤健です」と返事が。ファンが大歓声を上げる中、佐藤はマイペースに「声を大にして言いたいのは……(俺もイベントに)呼んで?」と言って笑いを起こす。佐藤から「優一さん、変わらないっすね、本当に」と言われた中村は、涙をこらえきれず「ちょっと泣きそうになってきた……今、俺泣いちゃってるから、良ちゃん話してくれ!」と懇願。佐藤は会場のファンに「10年も前の作品なのに、皆さん集まってくれてありがとうございます。今後も引き続き電王のことを好きでいてくれたら、僕は幸せです」と言葉を贈る。観客が声をそろえて「良太郎ー!」と呼びかけると、佐藤は「はーい」と優しい声で答えた。

電話を切ったあと、中村は目を潤ませたまま「(先日)健くんから僕に直接電話がかかってきて、『皆さんに声を届けたい』って言ってくれました。健くんはみんなの良太郎ですし、仮面ライダー電王ですし、永遠にみんなのヒーローだと思います」と語る。そして「記念すべき10周年を、皆様とお祝いすることができて幸せでした。この言葉で締めくくらせてください。……“いつか、未来で”」とまとめ、最後までファンに「ありがとうー!」と叫びながら会場をあとにした。

「仮面ライダー電王」祝10周年、佐藤健の生電話に中村優一が涙 - 映画ナタリーより。

f:id:kro12218116h:20171115000948j:image

 クソッ!クソッ!!こんな事なら俺もバイト休んでチケット買うんだった!!!…なんて冗談はさておき(冗談でもないけどね!?)、佐藤健は作品を「愛せる」からこそ、全力で芝居に挑む事が出来るんだろうな。「人気になった俳優が今もライダーを大事にしてくれている」と言うのは我々ファンとしても涙が出る話だけど、佐藤健にとって、やっぱり『電王』の経験は宝物だっただろうし、これからもそこから得た物は彼の中にずっと残り続けるんだろうな。

──ついに最終回を迎える今、良太郎と共に過ごした1年を振り返って思うことは?

佐藤 いろんなキャラを演じられて、普通、役者としてはできないだろう、いい経験をさせていただいたし、とても勉強をさせていただきました。ずっと良太郎をやってきたから、このあと普通に芝居をしようと思っても、その普通が良太郎みたいになっちゃうことがあると思うんです。それぐらい良太郎のこと、『電王』のことは今の僕にとって切り離すことはできないし、今は本当に終わることが考えられないですね。(中略)最初の頃、僕は何も知らなかったわけで、スタッフさんからいろいろと教えていただいて、そして現場で見て学んで、ここまでやってこれました。まず何よりもお世話になりました。ありがとうございましたと言いたいです。そしてキャストのみなさんとは1年間仲良くやってこれてよかったです。芝居はもちろん一人ではできないわけで、そこでお互い助け合えてるなと感じられた。それだけでホントにいい仲間だと思えました。『電王』は終わってしまいますが、これからもずっと仲間でいたいと思います。1年間ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします(笑)。

仮面ライダー電王公式読本』より、佐藤健のインタビュー。

f:id:kro12218116h:20171115004752j:image

 『仮面ライダー電王』と言う作品が成功した最たる理由は、佐藤健と言う「天才」の存在のお蔭だね。

▼と言う訳で

 今回の記事では何が言いたかったのかと言うと、
f:id:kro12218116h:20171115002927j:image

「映画『亜人』の佐藤健のアクションが素晴らしかった!」と言う事です。楽しかったです。

 (今回の記事、引用が大半を占めたな…!)

 

ではこれにて。

人間の可能性は無限大。『映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』感想

▼先ず最初に

 やっぱり後ろの席は最高だぜ!!!

 『プリキュア』の映画を観に行くのも3回目になる自分だが、やはり何度見ても素晴らしいよ…!一生懸命ライトを振る子供達!!!正直、自分はそれを眺める為に態々映画館まで足を運んでいると言っても過言では無いんですよ。…おっと、また子供達だけの話で記事が終わってしまうところだった…。今回はちゃんと本編の感想も書こうと思います。と言う訳で、以下はネタバレ注意。

↓過去に一度だけ書いた『プリキュア』記事です。

↓ついでに此方も宜しければ(このレシピを使ってくれた方は果たしてこの世にいるのだろうか…!)

▼弟子は仲間と共に、師匠は一人で我が道を

f:id:kro12218116h:20171028133058j:image

 自分、シエルが一番好きなんですよ。『プリアラ』のキャラクターの中で。初登場回からずっと(脚本の香村純子、スイーツに造詣が深いのかしら…?)。そんなシエルが主役の映画がなんて観ない理由が無い訳で。

 結論から言うと今回の映画、目茶苦茶面白かったです。シエルの成長の集大成って感じでした。シエルの師匠、ジャン=ピエール・ジルベルスタインはとんだサイコパスだったね…!スイーツに取り憑かれていて、ゾクッとするシーンも多かった。

──「ジャン=ピエール」に関しては、今回シエルの師匠ということで、物語の根幹部分を担う人物でもありますよね。

今回の映画を作っていくなかで元々、「イケメンも出したいね」という話をしていて、紆余曲折あって誕生したのがジャン=ピエールです。シエルは元々パリで修行していた頃はジャン=ピエールと同じような価値観でスイーツに向き合っていたと思うんですよ。でもいちかたちと出会い、仲間やチームワークの大切さを知った彼女はいい意味でその価値観が変化していっている。(中略)そういった変化を明確にするための対立軸として、ジャン=ピエールというキャラクターを用意しています。

ただ、対立はしていても、ジャン=ピエールの価値観が間違っているわけではなく彼を単純に倒してしまうと、話のテーマから少しズレてしまいます。だからクックを登場させたんですよね。

【インタビュー】『プリアラ』映画のテーマは「6人の成長」 – 内藤圭祐プロデューサーが語るTVシリーズと映画連動の裏側 | 超!アニメディアより。

f:id:kro12218116h:20171028161220j:image

 6人の関係性が確立されたのが24話「転校生は妖精キラリン!?」だね。今までは何もかも全てを一人でどうにかしてきたシエル(キラリン)と、プリキュアの5人が正式に「仲間」になる回である(まぁ、実はこの回は個人的にはあまり好きじゃないんだけど…(「仲間」ってワードがクド過ぎる…!))。シエル(キラリン)の「今までずっと一人で何とかしてきたキラ!」というのは彼女の師匠、ジャン=ピエールのスタンスだったって訳ね。その考えはいちか達5人と、関わっていく中で変わっていき、映画ではジャン=ピエールと意見が食い違う事となる。なんだけど…
f:id:kro12218116h:20171028163229j:image

映画『プリアラ』は唯一気になった部分があって。それは、「究極のスイーツ」が完成間近になった所でクックがジャン=ピエールに、もう一つ新たな材料を加える事を提案する(そうするよう唆す)シーン。今まで誰の力も借りず一人で頑張って作ってきたスイーツだったのに、最後の最後でジャン=ピエールはクックのその発案に興味を示してしまうんですよ。初めて他人を頼った結果があのザマと言うのは皮肉であると同時に「なんでこんな展開にしてしまったんだ…!」となってしまったのです。折角、シエルが仲間と一緒にスイーツを作る素晴らしさを訴えていたのに、自分がそれをしてしまった結果、パリ中をスイーツに変えてしまう化物への変転と言うのは、遠回しに「シエルの成長の否定」に繋がりかねないのである。

 まぁ、ジャン=ピエール的には満更でも無さそうな感じではあったので、彼視点で見るならばそれは好事だったのかも知れないし、それでもパリがスイーツになっちゃうのはジャン=ピエールは臨んでなかったかも知れないし、それとも寧ろそんな驚愕な出来事は大歓迎たったかも知れないし、…ジャン=ピエールって何だったのか、よく分かんなかったね(俺の理解力が低いだけ…?)(まぁ、その分からなさこそ彼の魅力の1つなのかも知れないが)。何にせよ、ちょっと引っ掛かってしまったのです。

 それはそれとして、「仲間」の大切さをジャン=ピエールに教えようとするシエル。思い返すとシエルのメイン回って「皆で一緒に」って感じのが多い気がする。そういや、キュアパルフェもシエル一人だけでなく、他の5人やジュリオの助けがあったからこそ出来上がった存在だね。
f:id:kro12218116h:20171028204324j:image

ビブリー「放しなさいよ!」

パルフェ「ノン!絶対放さない!」

ビブリー「キャー!!」

パルフェ「ビブリー!」

ビブリー「あんたどうして!?」

パルフェ「だって、皆で作ったかき氷、一緒に食べたいの。

ビブリー「…!あたしはあんたの敵…!」

パルフェ「独りぼっちじゃないよ…。」

ビブリー「…!」

パルフェ「諦めないで、ビブリーも。ウィー…。」

▲『キラキラ☆プリキュアアラモード』26話「夏だ!海だ!キラパティ漂流記!」より

f:id:kro12218116h:20171028204345j:image

キラリン「ボンジュール♪どうぞ、ボナペティ♪猫の皆さんでも食べられる体に優しいスイーツキラ。無添加で安全な材料しか使ってないキラ!」

ペコリン「皆で一生懸命作ったペコ!」

キラリン「ズバリ、「同じ皿のスイーツ」を食べれば、分かり会えるって!

猫ゆかり「それを言うなら「同じ釜の飯」ね。」

キラリン「?」

▲『キラキラ☆プリキュアアラモード』34話「小さな大決闘!ねこゆかりVS妖精キラリン!」より

f:id:kro12218116h:20171028204358j:image

シエル 「ハッピーハロウィーン!」

ソレーヌ「どう言う事?これは?」

シエル 「ハムスターパンプキンプリン。私が作ったの。」

ソレーヌ「貴女が此を?」

シエル 「トッピングのハムスタースイートパンプキンはいちか達のアイディア。

いちか 「いやぁ~、小さいけど皆優しいこの街をイメージしてみました。」

シエル 「さぁ、ボナペティ♪」

▲『キラキラ☆プリキュアアラモード』37話「サリュー!シエル、フランスへ去るぅー!?」より

 映画でもキュアパルフェへの変身の時に皆でライトを振ってたね。プリキュアの5人も、パリの皆も、まほプリの3人(と、モフルン)も、映画を観ている子供達も、皆が彼女を支えた事で、シエルはキュアパルフェに変身を遂げる事に成功した、と言う展開はアツい。師匠とは道こそ違えたけど、シエルはシエルなりのパティシエを目指していく。どんな結末を迎えるか、楽しみだね(もうあと1クールなのか…!)。まぁでも、この中にビブリーもいてほしかったな、と言う気はしなくもない(一緒に連れてって貰えなかったんだね…!)

▼その他の感想としては
f:id:kro12218116h:20171028195805j:image

 単純に楽しかった!今回は今までよりも館内に笑い声が多く響いていた気がする。何時もよりもギャグ多めだったかもね。しかもそのギャグが後々の振りになってたりもしてて面白かった。シリアスになり過ぎず、「お祭り感」が強くてかなり気に入っているのです。
f:id:kro12218116h:20171028195716j:image

 あと良かった点はあれかな。ちゃんとプリキュアの6人全員が空気じゃなかったところ。テレビ本編の不満点の一つに「個々のメイン回以外はいちか(と、シエル)以外の4人が空気」と言うのがあったんですよ。今作もシエルがメインと言う事で、若干懸念を抱いていたのだけれど、要らん心配だったさね。ナマケモノあおいの顔は最高(シエル登場前はあおい推しだったのです)。
f:id:kro12218116h:20171028211051j:image

 なんて訳で、映画『プリアラ』、非常に楽しめました。テレビ本編は日常とシリアスの触れ幅が激しかったりもするのだけれど、映画は丁度良い塩梅で纏められてて好印象でした。『プリアラ』も残り1クール。本編の感想や総括を書くかどうかは未明ですが、取り敢えず「映画はとても良かった!」と言う感想を残して本稿は幕閉じとさせて戴きます。

▼余談

 水瀬:(キラ星シエル/キュアパルフェ役に)決まったことを最初に報告したのは、昨年度放送された【魔法つかいプリキュア!】の朝日奈みらい/キュアミラクル役の高橋李依ちゃんです。友だちだからということもありますが、プリキュアは代々つないでいく作品なので、前に演じていた李依ちゃんからアドバイスをもらったり、相談ができたのはすごくよかったです。劇場版とかで共演できたらうれしいねという話で盛り上がりました。

新プリキュア役に決まった水瀬いのりさんから、メッセージ到着 | アニメイトタイムズより。

f:id:kro12218116h:20171028212804j:image

 こんなに早く共演出来て良かったね水瀬さん!(画像はイメージ)

 

ではこれにて。

『仮面ライダービルド』7話「悪魔のサイエンティスト」感想+考察

▼ネタキャラは皆大好き

 先日、友人が『エグゼイド』の檀黎斗についてこんな事を言っていた。

「神のネタキャラ化って『ドライブ』のブレンみてぇだよなwww」

 確かにこの二人は話が進むに連れてどんどん「ネタキャラ化」が増していったように思われる。

 例えば『ドライブ』のブレンなら、

↓序盤
f:id:kro12218116h:20171021155537j:image

「ハート、貴方は本当に自由で無警戒で目立ちたがり屋だ。」

↓中盤
f:id:kro12218116h:20171021155552j:image

 「メディックめぇーーーーーーーーーー!!!!!」

↓終盤
f:id:kro12218116h:20171021155711j:image

「その顔が見たかった…私に嫉妬するその顔が…ウェッヘッヘッヘ!!!」

 例えば『エグゼイド』の檀黎斗なら、

↓序盤
f:id:kro12218116h:20171021155835j:image

「花家先生も奇特な方だ…。」

↓中盤
f:id:kro12218116h:20171021155934j:image

「(ピロロロロロ…アイガッタビリィー)

宝生永夢ゥ! 何故君が適合手術を受けずにエグゼイドに変身できたのか
何故ガシャットを生み出せたのか(アロワナノー)
何故変身後に頭が痛むのくわァ! (それ以上言うな!)
ワイワイワーイ その答えはただ一つ… (やめろー!)
アハァー…♡
宝生永夢ゥ!君が世界で初めて…バグスターウイルスに感染した男だからだぁぁぁぁ!!
(ターニッォン)アーハハハハハハハハハアーハハハハ(ソウトウエキサーイエキサーイ)ハハハハハ!!!!」

↓終盤
f:id:kro12218116h:20171021160322j:image

「"新"檀黎斗と言う名はもう捨てた。今の私は………檀黎斗"神"だ!」

 まぁ、中には製作陣が意識した訳でもないのにギャグのように視聴者に取られてしまったシーンもあるが。で、この二作はどちらも大森P作品であると同時に、両者も視聴者からは絶大な人気を得ている。因みに、『エグゼイド』の檀黎斗の復活はどうやら既定路線だったらしく(貴利矢の復活は後付け)

──真の敵ボスが黎斗ではないというのは当初から決まっていたのでしょうか?

高橋 はい。黎斗が2クール目で退場することは当初から決まっていましたし、その後に復活するときは永夢たちの協力者になることも考えていました。(中略)黎斗は「笑える悪役」としての側面もあったので、正宗が刑務所にいる時点では貴水さんに本当に怖い冷徹なキャラクターをイメージして脚本を書きました。ところが第32話で釈放されてからは黎斗に近い悪役になったので、台本上でも叫ぶ台詞を増やしたりして「笑いの要素もある愛すべき悪役」として正宗のキャラクター造形を設定し直したんです。

『宇宙船 vol.158』より、高橋悠也の談。

 「この親にしてこの子あり」とは正にこの事と言わんばかりに、檀正宗も笑いをとるキャラクターになったね…!

↓before
f:id:kro12218116h:20171021164054j:image

↓after
f:id:kro12218116h:20171021164113j:image

 この理論で行くと、
f:id:kro12218116h:20171021161056j:image

 もし、氷室幻徳のこんな一面が今後本編に定着すれば、彼が人気キャラクターになる可能性は高い。

▼貴方がマスターか

 と言う訳で、今週はナイトローグ=氷室幻徳と言う事が明らかに。気になるのはファウストのもう一人の幹部、ブラッドスタークの正体だが、大衆の考察通り、やはり喫茶nascitaのマスターこと、石動惣一説が濃厚ね。只、そうであった場合、スタークは決して許されない(許されてはならない)所業を犯してしまったね…。
f:id:kro12218116h:20171021181505j:image

 子供のスマッシュ化か~!またとんでもない事やらかしたなぁ~!これで仮にマスターが「影からお前達(戦兎&万丈)をバックアップしてやってたんだよ!」とか言い出しても、この汚点は絶対に残るし、最悪の場合、お咎め無しになる可能性も微レ存…まぁ、まだマスターと決まった訳じゃないが、ここまで来てしまうと「正体はマスター」オチは来ないでほしいなぁ…!(実は殺された筈の葛城だった…とかないかな?)

 

ではこれにて。

『仮面ライダービルド』6話「怒りのムーンサルト」感想+考察

▼ゾクゾクビルドアップキャンペーン

 今回のテーマは、「ベストマッチ」だ。…もう一度言おう。「ベストマッチ」だ。
f:id:kro12218116h:20171011182504j:image

  仮面ライダービルドと言えば「ビルドアップ」。2つのボトルを組み合わせる事で多彩なフォームチェンジを可能とするビルドには、愛称の良いボトル同士が組み合わせる事で実現する「ベストマッチフォーム」とそうでないボトル同士で変身する「トライアルフォーム」と、二種類の形態が存在する。何気に、ベストマッチのフォーム名(ラビットタンクを除く)は造語になっているのに皆さんはお気付きだろうか?

・ゴリラ+ダイヤモンド=ゴリラダイヤモンドフォーム←🙅 ゴリラモンドフォーム←🙆

・タカ+ガトリング=タカガトリングフォーム←🙅 ホークガトリングフォーム←🙆

・ニンジャ+コミック=ニンジャコミックフォーム←🙅 ニンニンコミックフォーム←🙆

・パンダ+ロケット=パンダロケットフォーム←🙅 ロケットパンダフォーム←🙆
f:id:kro12218116h:20171011182521j:image

 次回も新たなるベストマッチフォームが登場するね。ビルドアップのルールと言うか、組み合わせのポイントは有機物+無機物で組み合わせる事。忍者を「有機物」と言う括りにするのは如何な物かとは思うがね…!(前回でも「海賊(カイゾク)」なるボトルが出てきてたし……)そう、「動物」でも「乗り物」でもなく、「有機物」「無機物」と言う括りはフォームチェンジの可能性に幅を広げる事が出来る(自由度が増す)のだ。

大森 (中略)そもそも僕が最初に関わり始めた『響鬼』や『電王』『キバ』あたりは、そういう作り方(ドラマをベースにした作り方)ができてた時代なので、今関わってるスタッフの中にその時代を知ってる人はそんなにいないから、そういう作り方を目指そうかなということで今回は臨んだつもりです。で、最初にまずデザインから進めないといけないので、今回のライダーのモチーフはなんだという話になり、「今回のモチーフは"仮面ライダー"です」とずっと言い続けて(笑)。

──つまり「ゲーム」とか「医者」みたいなモチーフは、今回はないと。

大森 とにかく「モチーフはないんです」という言い方をした結果、今のような形になりました。具体的にはフルボトルというアイテムを組み合わせて変身するわけですが、要は何かと何かの掛け合わせ……そこは無機物×有機物というざっくりした立て方はあるんですが、そんなにモチーフに限定したつもりはないので、ドラマ的にはどう転がろうがアクションの部分においてちゃんと機能するギミックというか、逆に言うとドラマには余ります影響を及ぼさないようなギミックに留めたつもりです。なので、最初に脚本家さんと話したときも、そこまでギミック的なことは気にせずスタートしたというやり方ですね、今回は。

▲『東映ヒーローMAX volume56 2017 AUTUMN』より、大森敬仁のインタビュー。

f:id:kro12218116h:20171011182537j:image

 只、問題なのは、あまりにも括りが自由過ぎる事で、「ベストマッチ」と言う概念にあまり必然(必要)性を感じない事である。
f:id:kro12218116h:20171011182613j:image

 「鋼のムーンサルト」、「輝きのデストロイヤー」、「天空の暴れん坊」、「忍びのエンターティナー」、視聴者が「何これ!?」となる有り得ない組み合わせをビルドアップ(ベストマッチ)のウリにしているのだが、「ベストマッチだとトライアルフォームとどう違うの?」と言う疑問を持つ視聴者は一定数いると思われる。抑、劇中でもベストマッチについてはこれしか説明されてないしね。

惣一「ボトルには相性があるんだ。例えば、ラビットとタンク。この二本を入れると、相性の良い組み合わせが見つかれば、こうして光る。全組ベストマッチになったらとんでもない事が起こるらしい。けど、これが中々揃わない。」

▲『ビルド』3話「正義のボーダーライン」より。

  「とんでもない事」とは何なのか、と言う話は置いといて、要は何が言いたいかと言うと、ベストマッチはあまり凄いモノに感じないのだ。

▼二本のメモリでベストマッチ!

──『W』の魅力のひとつとして、3×3+αの各種フォームの厳密な使い分けがあったと思います。

三条 Wの場合、色が違うだけで形は同じじゃないですか。ちゃんと戦法とか能力の描き分けをしないと、6つのメモリの特性がよくわからないし、よくわからないイコール子供が欲しくならないということなんです。で、わりと僕はそういうことを描き分けるのが好きなんですよ。そこは漫画原作者出身ですから。だって「週刊少年ジャンプ」のマンガなんてそこ以上におもしろいところなんてないじゃないですか!(笑)もちろん、それ以外の物語にも魅力はあるけど、敵とのバトル編になったら、この技をこう防いだみたいなことを描けてないと生き残れない。塚田さんからの要請もありましたし、『W』のシナリオではそういう部分もかなり細く書きました。(中略)後々になって宮崎(剛)さんから「今だから言えるけど、あそこで普段やらないことにトライしたから、『W』はヒットしたんだね」とおっしゃってもらえたんですよ。"いろいろ考えて作ってそうだなムード"って実際に試行錯誤したかどうかが直結している気がしますね。

▲『「仮面ライダー」超解析 平成ライダー新世紀!』より、三条陸の談。

f:id:kro12218116h:20171011193900j:image

 『W』が大衆受けした理由の1つに「綿密なギミック設定」がある。例えばサイクロンメモリの場合、「メタルメモリと組み合わせると、防御力は増すが、サイクロン側の特徴たるスピードを殺してしまう!」「トリガーメモリと組み合わせると、連射が可能になるが、弾の威力は弱くなる!」と、メモリの組み合わせによって長所と短所が同時に生まれてしまうフォームも存在するが、ジョーカーメモリと組み合わせれば、バランスもとれて、スピードにも特化するぞ!」と言うような相性の良い組み合わせのフォームも存在する。宛ら、サイクロンジョーカーは『ビルド』で言う、ベストマッチフォームのそれである。只、だからと言ってサイクロンメタルやサイクロントリガーに出番が無かったかと言われればそんな事も無く、Wは戦況によって9つのフォームを使い分けるのだ。だからこそ、ハーフチェンジにも必然性が生まれるし、理屈好きの視聴者にも刺さるのだ。

▼三枚のメダルでベストマッチ!

武部 平成ライダーは「いかに去年と違う作品に仕上げるか」というのが基本ではあるのですが、やはり『W』のガイアメモリやフォームチェンジはとても好評だったので、「そこは引き継がなきゃいけないんじゃない?」と考えました。でも、フォームチェンジの違いをうまく見せることって、すごく難しいんですよね。例えばフォームごとに違う武器を使っても、やっぱり戦い方のバリエーションには限界があるので。(中略)たしかにフォームチェンジって、どうしても強さがインフレ化していきますよね。だから制限をつけたりなどの工夫は考えました。そういうことでいえば、変身アイテムであるメダルを管理する、いわば銀行みたいな存在としてアンクが生まれたんです。オーズになる(火野)映司自身が選ぶんじゃなくて、アンクが考えて投げたメダルを使ってフォームチェンジして戦うという、そういう面でも制限を付けたかったんですね。

▲『「仮面ライダー」超解析 平成ライダー新世紀!』より、武部直美のインタビュー。

f:id:kro12218116h:20171011193916j:image

 オーズは三枚のコアメダルの力を駆使して戦う戦士である。メダルには様々な動物の能力が秘められているのだが、昆虫、猫科、鳥類といったような、ある特定の分類の三枚のメダルを組み合わせると、バラバラな組み合わせによって成り立つ「亜種」よりも協力なパワーを持つ「コンボ」が完成する。これも『ビルド』で言う「ベストマッチ」である。しかし、その強大さ故に、使用すると映司自身の体力が大きく失われ、気絶をしてしまう事も屡々。…まあそれは段々死に設定と化していくんだけど…!
f:id:kro12218116h:20171011182641j:image

 つまり、『ビルド』のベストマッチには『W』のハーフチェンジや『OOO』のコンボのような弱点や戦略性が薄い(又は皆無)事で、必要性を感じ辛いのだ。実際、3話のナイトローグ戦でもベストマッチじゃあないハリネズミタンクフォームなんか使い出すし、4話のフライングスマッシュ戦ではこれまたベストマッチではないゴリラ掃除機フォームで普通に善戦したりする(後からゴリラモンドにビルドアップするけど)。加えて、前述の通り、「有機物」と「無機物」と言うジャンルは極めてアバウトである。三条陸が言っていた、「いろいろ考えて作ってそうだなムード」はぶっちゃけあまり感じない。2009年にハーフチェンジをやれば宮崎剛の言う「普段やらないこと」なのかも知れないのだが、2017年にビルドアップをやってももうそれは「普段やらないこと」ではないのである。
f:id:kro12218116h:20171011182714j:image

 これらの事から、ビルドアップ(と、ベストマッチ)に意外性や凄みを全く感じる事が出来ないのはとても痛い点である。

 や、『ビルド』に「変わった要素」なんて抑余り無いんだけどさ。


f:id:kro12218116h:20171011222331j:image

 やっぱさぁ…話は面白いんだけどさぁ…(展開早いけど!)、『ビルド』からはどうしても「作品に対する心意気」が感じられんのよなぁ…!(少なくとも大森Pからは)『エグゼイド』で自分の全てを出したならそれはそれで良いけど、だからって後続を疎かにするなよ…!(スタッフやキャストや視聴者に失礼だぞ!)今後の情報誌で彼の印象が変わらん事を祈って、今回は幕閉じとさせていただきます。

▼余談(スーツについて)
f:id:kro12218116h:20171011221238j:image

 ビルドは、ラビットタンク以外のフォームは共用のベーススーツにそのフォームに対応した胸や腕等のパーツを着込む事でビルドアップを成し得ているらしく。色々言ったものの、『ビルド』は例年よりフォームチェンジ多いからそこは素直に楽しい。まだまだ沢山のベストマッチフォームが出てくるだろうし、多彩な亜種(?)も期待しましょうか。

 

ではこれにて。

『仮面ライダービルド』5話「危ういアイデンティティー」感想+考察

▼意図的な妥協

 詳細については上の記事を参照されたし。何故、この記事を引き合いに出したかと言うと、『ビルド』にはこの「無意識な妥協」「意図的な妥協」の内、後者がとても目立つ(ように見える)から。これまでの『ビルド』突っ込みに関しては以下の記事を参照されたし。

 例えば、4話感想では、鍋島の記憶(何故、都合良くボトルの事だけ覚えてる!?)について書いたのだが、
f:id:kro12218116h:20171001111205j:image

 「スマッシュに改造された人間は人体実験時の記憶を失う」筈だったのが、今回のゲスト(今後も登場する?)、立弥は全部覚えてましたね…!まあ、改造される人間や成分の投与回数によって症状が異なる事は確かに言及はされている(万丈の恋人、香澄は病気を患っていた為、死亡。鍋島は二回の成分投与により、全て(笑)の記憶を失う。etc…)のだが、…何と言うかさ、便利設定だな、これ。そんな立弥は万丈の手により、再スマッシュ化。成分の逆流(放出)も可能だったのね、あのボトル。どうなる、第6話!?

 と言う訳で、今日はこの辺で。短くてすんません…!本日はちょっと予定があるのです…!

 

ではこれにて。

『仮面ライダービルド』4話「証言はゼロになる」感想+考察

▼今更だが

 『ビルド』のサブタイトルのルールは「文中に片仮名を使う」ってのだったんだね。『エグゼイド』の英語よりもイーズィー(easy)になりましたね…!

1話、「ベストマッチな奴ら」

2話、「無実のランナウェイ

3話、「正義のボーダーライン

4話、「証言はゼロになる」

5話、「危ういアイデンティティ

▼無意味パネルの意味
f:id:kro12218116h:20170924213848j:image

 成程、あの御払い箱パネルの正体はパンドラボックスの一部分だったのか。「二重構造」とは割とブッ飛んだ設定だが、序盤なら違和感は薄い。それはそうと、パネルの正体が分かったのは良いが、結局、「ビルドドライバーにベストマッチ探査機を付けた理由」及び「態々パネルでベストマッチを探していた理由」は良く分かりませんでしたね…!「何処でも実験が出来るようにビルドドライバーにも探査機能を付けたんじゃないの?」と突っ込まれそうだが、ビルドがスマッシュの成分を回収し、それをフルボトルに整形するには美空の能力が必要。即ち、戦兎は一旦家(うち)に帰らなければいけないのである。ボトルが出来上がったら直ぐ様「実験実験♪」となっても良い筈なのに、2話でゴリラとダイヤモンドのベストマッチが現場で見つかって「キタ━━━(゚∀゚)━━━!」となってたのはとても不自然である。パネルの機能はもうちょっと別の設定を作っても良かったのでは?と、思わなくはないのであります。

▼さながら『ときめきクライシス』
f:id:kro12218116h:20170925200307j:image

 4話でもう一つ、気になったのは鍋島の記憶。万丈や妻子、自分の名前すらも忘れていながら、よくもまあ都合良くボトルの事だけ覚えてましたね…!リセットで正宗(クロノス)の手に戻らなかった『ときめきクライシス』のガシャットロフィーじゃあないんだから…!
f:id:kro12218116h:20170925200318j:image

 因みに、『エグゼイド』後夜祭にて高橋悠也がガシャットロフィーについて説明していたっけ。曰く、「ガシャットロフィーの譲渡は『仮面ライダークロニクル』外の出来事なので、リセットの影響は受けなかった」と言う。ゲーマドライバーやプロトガシャットの奪取や新黎斗のライフは『仮面ライダークロニクル』内の出来事だったのか…?ゲーム内外の出来事の線引きがよく分からないので、この説明には今一納得いきませんでした。

**********

 そう言えば、『ビルド』の脚本を担当している武藤将吾がこんな事を自身のTwitterで書いていた。

仮面ライダービルド』第4話をご覧いただき、ありがとうございました。

「展開が早い」とよく耳にしますが、それは今に始まったことではなく……。
怪盗 山猫』『家族ゲーム』『ジョーカー〜許されざる捜査官〜』etc……どれも同じようなことを言われ、どれも心配されたなぁ……(笑)。

Twitterより、武藤将吾のツイート。

 こと『仮面ライダー』の場合、「展開の早さ」は最近ではよくツッコまれる事なので、それに関してはあまり気になってはいなかったのだけれど、このツイートの気になる部分は「どれも心配されたなぁ……(笑)」と言う文。ライダーファンはせっかちが多いので大丈夫な気もします(笑)上のツイートだと『家族ゲーム』だけ視聴していたのだけれど(原作は本間祥平)そんなに早いようには見えなかったけどなぁ…?(最も、四年前に観たきりなので、よくは覚えてないが。)それとも「毎話、怒濤の展開!」と言うのが「早い展開」なの?うーん…?良ければ誰か教えてくださいな。
f:id:kro12218116h:20170925213757j:image

 や、でも、『ビルド』って何と言うか、「続きが観たくなる」よね。引きが上手いのかな?4話のそれは「マスター‼オンドゥルルラギッタンディスカー!!(ファウスト視点)」と言うもの。冒頭でいつの間に戦兎の毒が治っていて、しかもどうやって治したかとかそう言う説明が一切無くてびっくりしてたんだけど(まあタブレットを孫の手に変えた時点で只者ではないのは周知の事実ではあったが)、そう言うオチだったのか。

──振り返ってみると『オーズ/OOO』という作品は全体のお話が見えやすかったですよね。
武部 そうですね。伏線や縦糸もあまり入れませんでしたから。そうしたのは今が「継続視聴がない時代」と言われているからなんです。みんな観たいときにパッと観て、毎週毎週必ず観るという習慣がない。だから出来るだけわかりやすいストーリー、親しみやすいキャラクターというのを心掛けたんです。でも、ある程度人気が定着したので、大体30話くらいからちょっとお話を捻るようになりましたけど。

▲『DETAIL OF HEROES 仮面ライダーオーズOOO 特写写真集「OOO(オーズ)」』より、武部直美のインタビュー。

 そんな時代故に『鎧武』や『エグゼイド』は視聴率に苦しめられたが、それでもなお大森Pはそれをやると言うのか…!『エグゼイド』は「一話完結」の側面が強かったが、『ビルド』は何かしらの「引き」を作る事で出来るだけお客さんを逃がさないようにしている、みたいな感じなのかな?続きモノの弱点は「一話見逃したらもう着いていけなくなる」と言うものなのだが、果して成功はするのだろうか…(しなさそうな気もするけど…!)。

 

ではこれにて。