レイジング野郎

特撮多めの不定期ブログ たま~に関係無いことも

『仮面ライダーアマゾンズ season2』Episode12「YELLOW BRICK ROAD」感想+考察

▼黄色いレンガの道 #とは

 …ごめん、『season2』放送中、ずっとやって来た英語教室(?)だけど、「YELLOW BRICK ROAD」は意味を調べても、その意味の意味が理解出来なかった(笑)…と言う訳で頼みの綱として『season2』東映公式ページに入ってみると…

次回 Episode 12 は『YELLOW BRICK ROAD』。
黄色いレンガの道――『オズの魔法使』に出てくる、希望の国へとまっすぐつづく道のこと。願わくば、千翼とイユが手と手をたずさえて翔っていった道の先に、希望のあらんことを……。

▲『仮面ライダーアマゾンズ シーズン2』東映公式ホームページ「YELLOW BRICK ROAD」PRODUCTION NOTEより

f:id:kro12218116h:20170626173544j:image

 オズの魔法使い』は全く分からんなんだ…!希望の国へとまっすぐつづく道」か…。「希望」なんて何処にも見えてこないけどなぁ…!

ドロシーたちが歩んだイエローブリックロードは、結局、希望にはつづいていませんでした。
けれども、その旅が無意味であったということにはなりません。
アマゾンたちが歩をしるしてきたこの道が、皆さまの心に何かを残してくれることを……。

▲『仮面ライダーアマゾンズ season2』東映公式ホームページ「AMAZONZ」HIGHLIGHTより、白倉伸一郎の文責

f:id:kro12218116h:20170627132229j:image

 次回予告で千翼がイユと歩いていた道はまさに「YELLOW BRICK ROAD」だったのかも知れない。何となく千翼(と仁さん)は生き残るエンドになりそうな気がする。生きる事が背負いし罰としても、それでも「希望」を信じて歩む。「行けるとこまで行くさ」って感じさね(違う?)
f:id:kro12218116h:20170628225719j:image

イユ「千翼、何処に行くの?」

千翼「さあな、行けるとこまで行くさ。」

▼"A"MAZON"Z"
f:id:kro12218116h:20170628233234j:image

 輸送会社amazonの名前の由来をご存知だろうか?「アマゾン」と聞くと、ライダーファンではない一般人はアマゾン川を想像する人が多いだろう。アメリカを流れるアマゾン川は、世界で一番、流域面積の広い川(世界で一番長い川はナイル川)であり、幅広い商品を取り扱っている事からこの名前が付いたと言う。

 更にもう一つ、上の画像は皆さんが一度は見たことがあるであろう、このロゴ。よく見ると、頭文字の"a"から"z"に向かって矢印が伸びている。これもまた、amazonあらゆる商品を取り扱っている事を意味している。
f:id:kro12218116h:20170628230938j:image

  だから、今まで"A"から"Y"までの文字を頭文字にしていたのに対し、最後の"Z"は言葉の最後に付くのはある意味必然だったのかも知れない。これは中々燃えるサブタイ。こんなのを狙っていたなんて、スタッフも粋な事するなぁ~!

最終話のサブタイトル『AMAZONZ』。

これまでのパターンどおり「Zなんちゃら」ではなく、最終話だけに、Z終わり。シーズン1が『AMAZONZ』で始まり、シーズン2が『AMAZONZ』で終わる。
なんと美しい……。
このオチを付けるために、ABCの部分を■で囲ってきたようなものです。


というと、さも最初から計算づくだったかのよう。
でも。

シーズン1第1話の台本がこち
f:id:kro12218116h:20170628232048j:image

普通に『AMAZONS』になってます。
ところが、ラインPの道木さんがつくったテロップ原稿は……。
f:id:kro12218116h:20170628232056j:image

ぶっちゃけ、ただのタイプミスです。
でも、これを気に入ったのが石田監督。Daze とか Warez とか、わざとスペル間違えてみせるチョイ悪感。そんなヒネた感じが、このシリーズにはふさわしいと。

「AMAZONZ」

その瞬間、2シーズン26話が確定した気がします。サブタイトル自身が、「Zまで行くぞ!」と宣言しちゃってますから。


そんなこんな、サブタイトルひとつ、一筋縄ではいかなかったアマゾンズも、ミスだの偶然だのにまで助けられつつ、ついに最終話までたどり着きました。皆さま、本当にありがとうございました。

またどこかでお目にかかれる日がありますように!

▲『仮面ライダーアマゾンズ season2』東映公式ホームページ「AMAZONZ」PRODUCTION NOTEより

 只のミスかよ!?!?

 と言う訳で、次回が最終回の『アマゾンズ』。最終回感想は総括を添えてupします。只、今回の記事はあまり自信が無いんだよね…。…まあ折角なので見てやって下さいな。

 

ではこれにて。

『仮面ライダーエグゼイド』36話「完全無敵のGAMER!」感想+考察+『エグゼイド』現段階評

▼『エグゼイド』は『ゴースト』の続編
f:id:kro12218116h:20170621154113j:image

 と、自分は捉えて『エグゼイド』を観ています。最近、『エグゼイド』の感想記事を見返してて思ったけど、自分、結構『ゴースト』を引き合いに出してるね。まあ、その位には『エグゼイド』と『ゴースト』には繋がりがあると感じている、と言う事です。理由は幾つかあって、一つは単純にゴースト/天空寺タケルとエグゼイド/宝生永夢が公式で面識があるから(まあ、時系列を考えると矛盾はあるんだけどね)。もう一つは、この二作が「命」をテーマにしているから。…これに関しては「続編」と言う表現は違うかな?そうだなぁ…。じゃあ一先ず、『エグゼイド』と言う作品を"『ゴースト』の「応用編」"とでも書いておくか。

▼命は大切、これ常識
f:id:kro12218116h:20170621180945j:image

 『ゴースト』は一年間かけて「命の大切さ」を描いてきた作品である。

高橋(一浩) 第1クールは眼魂を集めれば生き返られると信じてそれを集める。第2クール以降は、眼魔の成立ちを描いています。物語で一貫して描いているのは、命は大事、話せば思いは通じる、という普遍的な事です。

▲『「仮面ライダー」超解析 平成ライダー新世紀!』より、『ゴースト』チーフP、高橋一浩のインタビュー

 しかし、自分で「普遍的」と言っている通り、これは大友にとっては極々「当たり前」の事であり、『エグゼイド』でも高橋悠也が永夢にそれを代弁させているね。
f:id:kro12218116h:20170621154147j:image

永夢「もう何を言っても無駄ですよ。病で苦しむお母さんを側で見てきた筈なのに、命が大切って言う当たり前の事もこの人(新檀黎斗)には理解出来ないんだ。」

▲『エグゼイド』31話「禁断のcontinue!」より

高橋(悠也) 医療とゲームがテーマになるって言うのを聞いて、で、前作が『ゴースト』で命がテーマだったんで、医療でまた命がテーマになるって言うので『ゴースト』と同じ事をやっても仕方無いし『エグゼイド』ならではでどうしたらいいかなってなった時に、ま、なんか「命は大切だ~」みたいな事って言うのはまあ言わなくても誰でも分かってる事なので、えー、その、「生」と「死」とって言うかそことどう向き合っていくのかって言うのを、ま、医療とゲーム、医療で言えばたった一つしかない命ですしゲームで言えば何度も甦る命ですし、っていうのを二つをテーマに描いていけたらいいな、っていうのはテーマとしてありましたね。

▲『第2回東映特撮ファンミーティング・「仮面ライダーエグゼイドBlu-ray発売記念でエグゼイドスタッフが集結」』より、『エグゼイド』メインライター、高橋悠也の談

f:id:kro12218116h:20170621181104j:image

 つまり『ゴースト』では「命が大切」と言うテーマをド直球に押し出したのに対し、『エグゼイド』は「医療とゲーム」と言うベースを元に、少し捻った形で命を描いている。高橋一浩と高橋悠也、「命の大切さ」の伝え方は同じ高橋でも似て非なるものだった、と言うことさね。
f:id:kro12218116h:20170624214641j:image

 で、『ゴースト』は大友からは批判の声が多く、『エグゼイド』には称賛の声が多いが、そもそもオタクと言うのは大なり小なり「設定に拘りがち」で、高橋悠也が以前、執筆した『エイトレンジャー』を観てても思ったのだが、高橋氏は「(人物描写よりかは)ギミックや説明に力を入れる」書き方をしている(ように見える)為、それと命を絡めて構成されている『エグゼイド』は『ゴースト』と比べて「前作より命について考えさせられる…」となってしまうのだろう(まあ、最近その「ギミック」って言うのは少しガバガバになってきてるんだけど…!)

 対して、『ゴースト』の「命は大切」と言うメッセージの直球さはメインターゲットたる子供達に配慮したものである。

高橋 (中略)タケルって、普通は恥ずかしくて言えないことも言えるじゃないですか。「人間の可能性は無限大だ!」とか「愛は命を生み出す奇跡の力だ!」とか。あれって抵抗を感じる人もいたと思うんですけど、まだ大人になっていない思春期の子供だから言えることというのを開き直ってやって見たんですよ。だからクドいくらいに同じことを言わせました。

──そもそも「命、燃やすぜ!」が決めゼリフの人ですしね。

高橋 そうそう。本気で命を燃やしてる人が「命、燃やすぜ!」なんて言うかって思いますよね(笑)。でも、最初は口だけで言ってた「命、燃やすぜ!」が最後のほうでハマってくるといいなと思っていたので。初期の平成ライダーって、大人の感情を大人が喋るもんだから、本当に思ってることを言わないというのが多かった気がするんですね。でも、今回は子供に向けて作ろうということだったので、タケルが思ってることを恥ずかしげもなく言うべきなんじゃないかと。そういうライダーもあってもいいんじゃないかと思ったんです。

▲『仮面ライダーゴースト 公式完全読本』より、高橋一浩のインタビュー

f:id:kro12218116h:20170624214707j:image

 「命、燃やすぜ!」「魂は永遠に不滅だ!」「人間の可能性は無限大だ!」「俺の生き様、見せてやる!」「心の叫びを聞け!」うん、タケルに限らず『ゴースト』のライダーは皆、台詞がクドいね(笑)そんなクサい言葉をしつこ過ぎる程言わせ続け、大衆からはbotかよwww」なんて言われていたが、それは子供への「解り易さ」に繋がる。「命は大事、話せば思いは通じる」「人間は素晴らしい」と言うメッセージをより解り易く伝えると言う意向は成功したのか、お蔭で『ゴースト』は子供の人気を獲得出来たのだから凄いよね。因みに、ソースは何だったか忘れたけど、タケルが生き返った理由も「死んじゃうと子供達が悲しんじゃうから」みたいな事を高橋一浩が言ってたな。『ゴースト』は兎に角、子供目線が強い作品だったね。
f:id:kro12218116h:20170624210333j:image

 『エグゼイド』を『ゴースト』の応用編(続編)と評する理由は、『ゴースト』で「命の大切さ」を学んだ子供達にそれをより深く教えられるのが『エグゼイド』、と言う風に考えているからです。要は足し算と引き算を覚えたから次は掛け算と割り算を学ぶ、みたいな感じですよ。…まあ『エグゼイド』の製作陣はそんな事微塵も気にしてないだろうけど…!「一つしかない(コンティニュー出来ない)命」VS「何度でも甦る(コンティニュー出来る)命」の戦いは仮面ライダークロノスの乱入により絶たれた。今後はバグスターも「命」と言う物にどう向き合うかも描かれるであろう『エグゼイド』の展開は、タケルが生き返る為に奮闘する『ゴースト』とはまた違う命の描き方である。『ゴースト』だとアランがフミバアやアドニスの死を見て命の儚さを知る、と言う展開があったけど、果たしてバグスター達は「命」と言うテーマにどのような結論を提示するか。これはバグスターに限らずドクター達もだね。何にせよ、『エグゼイド』も残り1クール。どのような結末を迎えるか、見ていくとしますか。因みに、自分はもう一つ、『エグゼイド』を『ゴースト』の応用編と捉える理由があるんだけど、これは今後の展開に寄って左右される可能性があるので…今はまだ書きません(笑)『エグゼイド』総括とかにもしかしたら書くかも知れないので楽しみに(?)待っててください。

▼完全無敵は人の繋がり

f:id:kro12218116h:20170625090456j:image
f:id:kro12218116h:20170625090505j:image
f:id:kro12218116h:20170625090513j:image
 仮面ライダーゴースト ムゲン魂はアカリや御成、マコトやアラン、仲間達の想いの力でタケルが復活し、手に入れた力。人の想いは、未来へと繋がっていく。無限に。ムゲン魂とは、仲間(人間)の想いの結晶である。
f:id:kro12218116h:20170625091614j:image

 何気に仮面ライダーエグゼイド ムテキゲーマーも仲間の力で完成した形態だね。ムテキゲーマーはマキシマムマイティXガシャットとハイパームテキガシャット、二つのガシャットを合体させて変身する。マキシマムマイティXガシャットは九条貴利矢の残したリプログラミングのデータを元に、小星作、鏡飛彩、花家大我が協力して生み出す事が出来たガシャット。即ち、このガシャットには檀黎斗が全く製作に関与していなかったガシャットだったけど…
f:id:kro12218116h:20170625092423j:image
f:id:kro12218116h:20170625092431j:image
 今回、遂に(新)檀黎斗はエグゼイドのパワーアップフォームに関わり、更には、ムテキゲーマーへの変身の為に永夢はパラドをも利用する。実はムテキゲーマーとは『エグゼイド』に登場する全ての主要ライダー(ブレイブ、スナイプ、レーザー、ゲンム、パラドクス)の力で成り立っている最強形態なのだ。『トゥルー・エンディング』の予告では六人同時変身のシーンがあったけど、本編でもそれはあるのかな?
f:id:kro12218116h:20170625093220j:image
 だからムテキゲーマーの誕生を皆で喜ぶシーンはちょっと感動した。貴利矢はやっぱり芝居で悪役に回ってたんだねw(ニコとは初対面の筈なのにこの仲良しっぷり…!)何はともあれ、今後のムテキゲーマーの活躍に期待!
f:id:kro12218116h:20170625092820j:image

 その力はまさに無敵!ムゲンみたいに負けが少ない最強形態になる事を祈って…

▼と こ ろ で
f:id:kro12218116h:20170624213245j:image

 『ゴーストRE:BIRTH』第2弾は出ないんですか…!?

 『鎧武外伝 デューク/ナックル』の発表が5月上旬のイベント、『ドライブサーガ マッハ/ハート』が『チェイサー』発売前だったけれど、こんな時期に発表が無いんじゃもう望み薄かしら?『スペクター』の売上、良くなかったのかなぁ…?

高橋 確かに今回は子供に向けて作ろうという意識がこれまでより強くて、実際にファイナルステージの客層を見ても家族連れがほとんどでした。だから正しく子供にウケてたということなんですが、逆に言えば大人のお客さんが少なかったんですよね。女性ファンも、磯村(勇斗)と山本(涼介)に少しいるのかなという印象で。眼魂の玩具はすごく売れたものの、大人の層が薄いのでイベントとかプレミアム商品は思ったようにはいきませんでした。だから、そこは良し悪しなんでしょうね。

▲『仮面ライダーゴースト 公式完全読本』より、高橋一浩のインタビュー

f:id:kro12218116h:20170624212850j:image

 「友情バーストゴースト眼魂」が商品化されないのもこれが理由か。本編放送中は玩具売上が良かったらしく、そのお陰でリペイント(一部は新規造形だが)ではあるものの、「ディープスラッシャー」「ガンガンキャッチャー」を商品化出来たらしいけど、その後の玩具の売上は芳しくなかったんだろうね。まあ兎に角、今まで各作品に二作ずつVシネマが作られるのが定番だっただけに『ゴースト』だけ一作しか出ないと言うのは悲しい…!以前、『スペクター』を撮った上堀内監督「5月にも色々お知らせが…」みたいな事をツイートしてたからてっきりVシネマ第2弾の事だと思ってたんだけど、別にそんな事はなかった!(泣)
f:id:kro12218116h:20170625001802j:image

 『ゴースト』のフィナーレは小説になりそうね。『鎧武』の時も思ったんだけど、最後の活躍が小説ってちょっと拍子抜けに感じない?やっぱり映像作品がフィナーレであってほしいって言うのはある。『ドライブ』みたく、「小説の内容がVシネマにも繋がる!」な感じだと思ってたのに…!まあ小説は本編で描ききれなかった設定を全部書いてくれるらしいから、非常に楽しみにしています。これの感想はどうしようかなぁ…?…まぁ、思うところがあれば書きます。

 

ではこれにて。

『仮面ライダーアマゾンズ season2』episode11「XING THE RUBICON」感想+考察

▼少年少女の渡るルビコン川の先には

f:id:kro12218116h:20170621131115j:image

 逃げるんだよォ~!!千翼ォ~!!!!

 と言う訳で「イユ、千翼と逃げる!」と言う展開に。「XING THE RUBICON」ルビコン川を渡る」と言う意味の言葉だが、この言葉には「塞は投げられた」「もう後戻りは出来ない」等、様々な意味が込められている。「千翼に手を伸ばすイユ!遂に千翼が報われる!」となったからってハッピーな結末は予測出来る訳もなく、寧ろサブタイ的には「ここからが本番だ」って感じね。
f:id:kro12218116h:20170621134816j:image

 て言うか、話変わるけど「最近長瀬の株爆上りwww」なんてよく言われてるけど、なんで皆、初期の長瀬君(と言うかチームX)嫌ってたの!?俺はずっと好きだったのに…!情の熱さとか1話から見えてたと思うんだけどなぁ…!チームXは結構、「良い奴ら」の集まりだと思ってたので、序盤で壊滅しちゃったのは自分は悲しかった組。長瀬君には生きててほしいね。あとケンタ、全然出てこないね。もう一回くらい顔出ししてほしいけどどうなるかしら。

▼補足(と言う名の謝罪)

 自分、『ジョジョ』全く知らないです…!知ってるネタだけ調子に乗って使ってしまってすんません…!

 

ではこれにて。

『仮面ライダーアマゾンズ season2』Episode10「WHY TO NOWHERE」感想+考察

▼フ、フクさあああああああああん
f:id:kro12218116h:20170615214149j:image

 こんなのってねぇよ…、あんまりだろ…!フクさんは!!!!『season1』から!!!!ずっと!!!!!ずっと!!!!!!駆除班を解散しても!!!!!ずっと!!!!!!命をはって!!!!!!命を守ろうとしていたのに!!!!!!!!そんな命が…「水を飲む」と言う只それだけの…当たり前の行動一つしただけで…こんなに脆く…!これじゃあ…!今までのフクさんの頑張りはなんだったんだよ!!!!!!!!誰だ!!!!!誰がこんな展開考えた!!?!?!!!!?靖子にゃんか!!?!?!!?!!!?!!あぁ…ああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!
f:id:kro12218116h:20170615214206j:image

 なんかこの展開は如何にも「後から考えた感」が半端無いねw これがファンがよく言う「平成一期のライブ感」と言う物なのか?(平成一期放送当時はまだ幼かった故、そう言うのがよく分からんのです…!)や、でもそう言うライブ感は違うだろ…!かーなーりショッキングだったね。
f:id:kro12218116h:20170615215231j:image

 「why to nowhere」「nowhere」「何処にも無い」と言う意味があるらしい。何故?何処にも無い?千翼は殺しの的にされる。4Cにも。仁にも。逃げ道は何処にも無い。アマゾンに育てられた少年は、その出自だけで人間から危険視される。自分がトンデモな存在なのは千翼自身も百も承知。それでも、生きたい。他の人の様に、普通に。果たして千翼は生き残る事が出来るのか。それとも。

この世に生まれたことが 消えない罪と言うなら

生きることが そう 背負いし罰だろう

▲『アマゾンズ season2』主題歌「DIE SET DOWN」(歌:小林太郎)より

 でも…でも俺は…生きたい!

f:id:kro12218116h:20170615215550j:image

生きたいんだっ!!!!

 

ではこれにて。

『仮面ライダーエグゼイド』35話「Partnerを救出せよ!」感想+考察

▼期待外れと言ったな…あれは嘘だ!
f:id:kro12218116h:20170613182205j:image

って展開になりそうだなぁ~!

 まあ、敵側で暗躍しているのは演技で実はそれらの根絶の為に動いていました、なんてのは妥当と言うか普通だが、貴利矢の場合、「嘘吐き」と言うキャラ付けがある為、よりそうなるように予想が出来る。しかしこの展開、「貴利矢さんもやっぱりちゃんとドクターなんやな…!」と感動する人と「ドクターなら患者のオペを優先させろよ。」と遺憾に思う人の二通りに別れそうな感じするね。目的の為とは言え、患者、都築隼人のゲーム病治療を早伸ばしにした訳だから。まあレーザーはアランブラをガードベントに使う事でついでに患者のゲーム病を治したが。にしても…
f:id:kro12218116h:20170613184300j:image
f:id:kro12218116h:20170613184303j:image
 この下りは中々グサリとくるね。「故人の転生は参か否か」を未だ悩み続ける永夢にこの言葉を投げるか。そりゃあ永夢にとって貴利矢はかけがえの無い大切な存在。でもだからこそ…
f:id:kro12218116h:20170614192538j:image

永夢「貴利矢さんには、本当に感謝しています。貴利矢さんが残してくれたリプログラミングの技術のお蔭で、この(マキシマムマイティX)ガシャットが生まれたんです。貴方の言葉が、ずっと僕を支えてくれたんです。僕の中で、貴利矢さんがずっと生き続けていたから、どんな困難も、乗り越える事が出来たんです。だから今度は、僕が貴利矢さんを救います。貴方の笑顔を取り戻す為に!」

▲『エグゼイド』35話「Partnerを救出せよ!」より

 「僕の中で、貴利矢さんがずっと生き続けていた」、アランっぽい事言うなぁ~!人はいつかは死ぬ。しかし、その人は亡くなりはしても、無くなりはしない。その人の思いは、意思は、他の者へと受け継がれていく。『エグゼイド』と『ゴースト』は似ている部分が多いよね。…そうでもないかな?(ェ) というのも、製作陣にその気は全く無いかも知れないが、自分は『エグゼイド』を『ゴースト』の"続編"と捉えて視聴しているのです。その理由は、切りの良い3クール目最終回の36話感想で書きます。

 

ではこれにて。

『仮面ライダーエグゼイド』34話「果たされしreberth!」感想+考察

▼労働の報酬は遺物?

 タドルレガシーガシャット、本編にも出てくるのね。『超大戦』は正式に本編とリンクしてたのか。いや、何も言わず唐突に出てくる可能性もあるけど。レガシー(legacy)「遺産」か…。
f:id:kro12218116h:20170609213442j:image

 もしかするとタドルレガシーガシャットはもう一人の飛彩の残した"遺産"なのかもね(死んでない)

▼そして「死」と言えば…
f:id:kro12218116h:20170609213454j:image

 仮面ライダーレーザー、まさかの復活。名前は仮面ライダーレーザーターボになったのか。レベル0であるが故に、ゲンムと同じく、バグスターウイルスを抑制する能力を備えているが、あれは最早、「抑制」と言うより「消滅」では…?それとも消滅させたように見えて実はまだウイルス自体は残ってるのかしら?ていうか、ウイルス一つだけでポーズの力を封じるとは、ゲムデウスも相当なチート野郎だな…!クロノスの力を持ってしても、ゲムデウスと戦うとなるとスペックはどっこいどっこいなのな。戦い方次第ではクロノスでもゲムデウスには勝てないのね…。これでラスボスの威厳は守れたな!(ェ)今後はデバフ能力を持つレベル0ライダーが重宝されそうね。

 

ではこれにて。

『てれびくん超バトルDVD 仮面ライダーエグゼイド[裏技]仮面ライダーレーザー』感想+考察

▼乗り物は乗せる物

 エグゼイドの強化形態には規則性がある。それは、本来、人が"乗る"物を、自身に"乗せて"いる(装着している)と言う点だ。

ロボットアクションゲーマー→ロボット(ロボットゲーマ)を"乗せる"。

スポーツアクションゲーマー→自転車(スポーツゲーマ)を"乗せる"。

ハンターアクションゲーマー→ドラゴン(ハンターゲーマ)を"乗せる"。

バーガーアクションゲーマー→ハンバーガー(バーガーゲーマ)を"乗せる"。

f:id:kro12218116h:20170608185958j:image
f:id:kro12218116h:20170608190008j:image
f:id:kro12218116h:20170608190018j:image
f:id:kro12218116h:20170608190034j:image

 ロボットも自転車もドラゴンも"乗る"物である。しかし、エグゼイドは逆にそれらを自身に"乗せている"と言うのが面白い。乗り物にライドしないと言うのはこと「仮面"ライダー"」に於いては非常に斬新なアイデアよね。ハンバーガーには乗らないけれど、ハンバーガーは人がバンズで具を"挟む"事で完成するのに対し、エグゼイドは自身がハンバーガー(バーガーゲーマ)に"挟まれる"事でレベルアップが完了するので、乗り物に"乗られ"たり、ハンバーガーに"挟まれ"たり(また、ロボットやハンターの場合、ゲーマに"食べられる")と、エグゼイドのレベルアップには「受動」な物が多かったのだ。
f:id:kro12218116h:20170608191310j:image

 だが、そんなエグゼイドにも何かに"乗る"(能動)瞬間があった。それが仮面ライダーレーザー バイクゲーマーレベル2とのコンビアクションである。レーザーは自分がバイクその物故、相棒の乗者が必要であり、文字通り、手も足も出ない状態なので、必殺技もレベル3へのレベルアップも、あらゆる事をエグゼイド任せにしていた(せざるを得なかった)のだ。レーザーこそ、エグゼイド以上に受動のライダーだったのだ。
f:id:kro12218116h:20170608192617j:image

 だから、レーザーを守る為に使ったとは言え、プロト爆走バイク(レーザー)をエグゼイドに"乗せて"完成する、今作限定フォーム「バイクアクションゲーマー レベル0」は、今まで助けられる側だったレーザーが、晴れてエグゼイドに"乗る"(能動)事でエグゼイドを助けたんだな、と思うと少しクる物がある。「久々に自分と永夢のコンビも見られるぜ!」と予告で貴利矢が言ってたけど、エグゼイドがレーザーに乗って、レーザーもエグゼイドに乗って、お互いに助け合いながら戦う事が出来たんだなぁ、とちょっと感動しちゃいました。
f:id:kro12218116h:20170608215034j:image

 そういや、マキシマムゲーマーのアーマーもエグゼイドが"着ている"ね。マキシマムマイティXガシャットは貴利矢の残したデータを元に完成したガシャット。そうか、エグゼイドがマキシマムゲーマーに変身する度に、エグゼイドにレーザーが"乗っかる"んだな。永夢が「貴利矢さんが僕に会いに来てくれた」なんて言ってたけど、もしかすると、貴利矢は常に永夢の傍にいて、永夢を助けてくれてたのかも知れないね。

 

ではこれにて。