レイジング野郎

特撮多めの不定期ブログ たま~に関係無いことも

『アナザー・エンディング 仮面ライダーゲンムVSレーザー』感想+考察

f:id:kro12218116h:20180303001433j:image
 『仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング 仮面ライダーゲンムVSレーザー』の感想です。筆者は前作(『ブレイブ&スナイプ』、『パラドクスwithポッピー』)を鑑賞済です。以下はそれらのネタバレにも気を付けて下さい。それではどうぞ。

▼因縁のCOMBI?

──貴利矢と黎斗の二人がメインタイトルで1本の作品になるのも感慨深いものがあるのでは?

小野塚 何回やるんだって話ですよ!

──あぁ、感慨ではなく、憤りに似た感情が(笑)。

小野塚 俺も大我&ニコ的な可愛い女の子の助手が欲しかったです。なんで俺は、コンビを組むのがいつも黎斗なんだろう?黎斗はデカいし、何考えてるかよくわかんないし、こんな狂ったヤツとずっと一緒にいなきゃいけないのかって……(笑)。

仮面ライダーエグゼイド公式完全読本』より、小野塚勇人のインタビュー

f:id:kro12218116h:20180302123708j:image

 マジでいつからこの二人は「コンビ」になったんだ…!?

 檀黎斗と九条貴利矢は「因縁の関係」だった筈では…?貴利矢は黎斗を許す気はないし、黎斗も許しを乞うつもりもない。なのに二人が一緒に映るシーンはコントばかりだし、それを観た視聴者は「この二人最高www」とか言って持ち上げる訳ですよ。まぁそれはさておき、そんな二人が遂に決着を付ける『ゲンムVSレーザー』。果たしてどんな物語になったのか?

▼『ゲンムVSレーザー』は「否定」の物語?

 『ゲンムVSレーザー』では、二つのあることが「否定」された。良い意味でも悪い意味でも。それは何か?

1.命

 厳密には『パラドクスwithポッピー』からだが、黎斗は父・檀正宗に放たれた衝撃的な言葉、それは、
f:id:kro12218116h:20180303002925j:image

「黎斗よ、お前はこの世界に生まれるべきじゃなかった。」

 命に優劣を付けないスタンスである筈の『エグゼイド』でまさかこんな言葉が飛び出るとは…!(ドクターの台詞ではないけど)黎斗、めちょっくな反応してましたね~!(それは『hugプリ』)黎斗は「生まれる時代を間違えた」と言っていたけれど、この時代にはまだ、黎斗を理解出来る人間はいなかったんだな。…当たり前か。

高橋 黎斗の所業はお子さんたちにまねしてほしくないもの。岩永くんの無軌道な芝居が、"共感されないゲームクリエイター・黎斗"を確立しました。

▲『仮面ライダーエグゼイド キャラクターブック LEVEL.2 ~SELECT▶PARADOX~』より、高橋悠也のインタビュー。

大森●最後の敵はやっぱり黎斗でしょ!アイツが残っている世の中というのは、ヒーロー作品の世界として正しくないですから。

高橋●番組後半で黎斗は永夢たちに協力していましたが、ゲームマスターの哲学はブレず、改心だけは絶対にさせませんでした。誰にも理解されない信念を貫いて、もう一度悪い黎斗に暴れてもらいたいですね。

▲『宇宙船 vol.158』より、大森敬仁、高橋悠也の対談

f:id:kro12218116h:20180302230441j:image

 とは言え、やはり黎斗も一つの「命」だった訳で、それを「否定」してしまう(そして結局やられる)、と言うのは何とも悲しいね。

2.ドクター

 今回、貴利矢は黎斗を止めるべく、ドクターとしての自分を捨てた。どういう事かと言うと、『ゲンムVSレーザー』の予告編でもこんなやりとりがあったが、
f:id:kro12218116h:20180302230451j:image

永夢 「黎斗さんを止めるにはムテキで対抗しないと…!」
f:id:kro12218116h:20180302230456j:image

貴利矢「ドクターであるお前にあいつの命は奪えない。」

貴利矢は「ドクター」と言う自分を「否定」してもなお、黎斗(ゲンム)と戦った。全てが終わり、黎斗は消滅。貴利矢も静かに眠った…

と思ったら別にそんな事は無かったですね…!

 でも、貴利矢は死なないで正解だったのかも知れない。

▼犠牲はいらない。

──ハッピーエンドは、創り手のみなさんのこだわりですか?
高橋 (中略)ライダーたちが命を落とすというような展開についても、今回は考えていませんでした。犠牲の上に成り立つ救命というのも違うと思いましたし、テレビシリーズのほうでも、いろいろやりましたからね。

▲『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』パンフレットより、高橋悠也のインタビュー

 パラドも、ポッピーも、貴利矢も、『エグゼイド』では皆が生き残ったね(黎斗は消滅したけど)。まぁ、テレビ本編で皆が消滅しなかった理由は「先に『トゥルー・エンディング』を作ってしまったから(全員を出演させてしまったから)」なのだが、高橋悠也のこの考えに乗っかるならば、『アナザー・エンディング』でも誰も死ななかったのは、ある意味必然だったのかも知れない。それにしても、貴利矢が人間に戻る可能性が示唆されるとは…!

──今回の劇場版(注:『トゥルー・エンディング』)では、医療とゲームを扱っていた『エグゼイド』の総決算的な要素が詰まっています。とりわけ医療のパートについては、かなりデリケートな問題に踏み込んでると感じたのですが。

中澤 (中略)ともすれば、難病を扱った作品というのは、悲しいラストで終わりがちなところがあるんですが、『エグゼイド』としてはラストで希望を提示したかった。劇中でも南雲影成のセリフで触れているんですが、実際にはもちろん簡単なことじゃなく、この病気(注:小児脳腫瘍)は家族が一生、関わっていかなくちゃいけない可能性があるんです。それくらい治療は困難なのですが、そういう現状も踏まえたうえで、今後の医学の進歩に懸けるラストにしました。そこに『仮面ライダー』と医療と言うテーマを扱った意味があると思ったので。

▲『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』パンフレットより、中澤祥次郎のインタビュー。

──ゲーム病で亡くなった人の扱いは、どういった経緯でああなったのでしょう?
高橋 (中略)やはりクロニクル編で被害者となった人たちについては、何らかの決着をつけなくてはならないだろうと。でも、安易に「生き返りました!」というのは絶対に違うし、かといって永夢たちが「救えませんでした、ごめんなさい」というのもヒーローとしてどうなんだというのはあったので、悩んだ結果、「今は無理かもしれないけど、未来でなら救えるかもしれない」という描き方にしました。それはまさに、現実の医療がそうですからね。
▲『仮面ライダーエグゼイド公式完全読本』より、高橋悠也のインタビュー。

f:id:kro12218116h:20180303002549j:image

 本編のラストは「ぶん投げエンド」と言ってしまえばそれまでだけど、「希望がある」と言うオチは結構「ポジティブ」な考え方よね。『エグゼイド』は「ポジティブ」が目立った作品だったので、貴利矢復活の可能性が提示されたのも、良いのではないのかな、とは思います。そういや、黎斗が「檀黎斗神」から「檀黎斗」に改名したね。『ゲンムVSレーザー』は、バグスターとして蘇った二人が、再び人間に戻るまでの物語だったのかも知れないね。

▼なんて訳で
f:id:kro12218116h:20180303001706j:image

 『ゲンムVSレーザー』の感想でした。そう言えば、『トゥルー・エンディング』の最後のシーンでポッピーに「ハッピーエンドだね。」と言う台詞を付け加えた(元々は台本に無かった)のは中澤祥次郎なのだとか。『アナザー・エンディング』が「ハッピーエンド」だったのかどうかは各人の判断に任せるが、少なくとも、「未来に希望を感じる」エンドではあったね。『ブレイブ&スナイプ』の小姫と言い、『ゲンムVSレーザー』の貴利矢と言い。これからも、ドクター達は再生医療の確立を成し得る為に奮闘していくのだろうが、やっぱり、いつかはそれを成功させて大団円を迎えてほしいね。『ゲンムVSレーザー』、楽しかったです。ありがとうございました。4月11日には、『アナザー・エンディング』感想の纏め記事の下に三部作の総括を追記するので、楽しみに待っててください。

▼「ちなみに、楽しい黎斗を見ることができる最後の作品でもあります。」

 これは鈴村展弘の『てれびくん超バトルDVD 仮面ライダーエグゼイド【裏技】仮面ライダーパラドクス』についての発言である。楽しい黎斗を見られるのは『【裏技】パラドクス』が最後か…。
f:id:kro12218116h:20180303002252j:image

 『アナザー・エンディング』でも非常に楽しかったです。本当にありがとうございました。

 

ではこれにて。