レイジング野郎

特撮多めの不定期ブログ たま~に関係無いことも

『仮面ライダーアマゾンズ season2』Episode10「WHY TO NOWHERE」感想+考察

▼フ、フクさあああああああああん
f:id:kro12218116h:20170615214149j:image

 こんなのってねぇよ…、あんまりだろ…!フクさんは!!!!『season1』から!!!!ずっと!!!!!ずっと!!!!!!駆除班を解散しても!!!!!ずっと!!!!!!命をはって!!!!!!命を守ろうとしていたのに!!!!!!!!そんな命が…「水を飲む」と言う只それだけの…当たり前の行動一つしただけで…こんなに脆く…!これじゃあ…!今までのフクさんの頑張りはなんだったんだよ!!!!!!!!誰だ!!!!!誰がこんな展開考えた!!?!?!!!!?靖子にゃんか!!?!?!!?!!!?!!あぁ…ああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!
f:id:kro12218116h:20170615214206j:image

 なんかこの展開は如何にも「後から考えた感」が半端無いねw これがファンがよく言う「平成一期のライブ感」と言う物なのか?(平成一期放送当時はまだ幼かった故、そう言うのがよく分からんのです…!)や、でもそう言うライブ感は違うだろ…!かーなーりショッキングだったね。
f:id:kro12218116h:20170615215231j:image

 「why to nowhere」「nowhere」「何処にも無い」と言う意味があるらしい。何故?何処にも無い?千翼は殺しの的にされる。4Cにも。仁にも。逃げ道は何処にも無い。アマゾンに育てられた少年は、その出自だけで人間から危険視される。自分がトンデモな存在なのは千翼自身も百も承知。それでも、生きたい。他の人の様に、普通に。果たして千翼は生き残る事が出来るのか。それとも。

この世に生まれたことが 消えない罪と言うなら

生きることが そう 背負いし罰だろう

▲『アマゾンズ season2』主題歌「DIE SET DOWN」(歌:小林太郎)より

 でも…でも俺は…生きたい!

f:id:kro12218116h:20170615215550j:image

生きたいんだっ!!!!

 

ではこれにて。